羽佐間正雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
はざま まさお
羽佐間 正雄
プロフィール
出身地 日本の旗 日本
生年月日 (1931-10-29) 1931年10月29日(86歳)
最終学歴 法政大学卒業
職歴 日本放送協会(NHK)防府局(現在の山口局)広島東京大阪福岡→東京→フリーアナウンサー
活動期間 1954年-
公式サイト オフィスカノン
出演番組・活動
現在 本文参照
過去 本文参照
備考
NHKには1989年定年後も専属契約嘱託職員)として1993年まで在籍。
アナウンサー: テンプレート - カテゴリ

羽佐間 正雄(はざま まさお、1931年10月29日 - )は、日本フリーアナウンサー。元NHKアナウンサー

人物・経歴[編集]

東京都出身。赤穂浪士間光興の直系の子孫である。俳優声優羽佐間道夫は実弟、フジサンケイグループ代表で産業経済新聞社元社長の羽佐間重彰は従兄弟に当たる。またオペラ歌手:三浦環の親戚でもある。

法政大学卒業後、製薬会社に勤めていたが、1954年7月に2次募集採用でNHKに入局、アナウンサーとなり、初任地は防府局(現在の山口局)で、以後、広島東京大阪福岡→東京で勤務。スポーツアナウンサーとして活躍した。

1961年広島局時代に日本のプロゴルファー第1号、福井覚治の子・福井康雄を招いて自ら企画した番組は、日本のゴルフ番組の草分けともいわれる[1]。福井は倉本昌弘の師匠としても知られる。

スポーツアナウンサーとしてオリンピック実況11回、ゴルフプロ野球サッカー陸上競技スキーなどカバー範囲は多岐に渡った。

羽佐間が実況を担当した試合・大会は数多いが、代表的なものとして

などがある。

1987年には「全米スポーツキャスター協会賞」の特別賞を日本のスポーツアナウンサーとして初めて受賞し、殿堂入り。1989年役職定年もありNHKを退職したが、その後もしばらくは嘱託契約の専属キャスターとして実況を担当していた(高校野球の実況は1988年夏の大会決勝戦の広島商業高校vs福岡第一高校戦を最後に退く)。

1993年に入ってからはNHKとの嘱託専属契約を終わらせ、フリーアナウンサーとして民放に活躍の場を広げた。テレビ東京ではスポーツニュース・ゴルフ中継の実況、ニッポン放送ではインタビュー番組「トヨタ・スポーツドリームパーソナリテイーを担当した。

2007年2月23日日本プロゴルフ協会から名誉顧問に認定される。認定されたその他の著名人は川上哲治(プロ野球東京讀賣巨人軍元監督)、会員として小林旭(俳優)などがいる。

2011年10月26日に設立された日本プロゴルフ殿堂の表彰選考委員会の委員長となった[7]

現在は自身の事務所であるオフィスカノン代表取締役会長を始め、日本プロゴルフ協会名誉顧問、大阪総合スポーツ財団副会長、血液を大切にする会(理事)、法政大学マスコミ会名誉会長、キングフィールズゴルフクラブ常任理事、磯子カンツリークラブ理事、青島ゴルフ倶楽部顧問、飯田カントリー倶楽部顧問などの役職を務めている。

著書[編集]

  • 「実力とは何か」(1987年)
    後に高等学校用教科書にも掲載された。
  • 「勝者の流儀」(2008年 大和書房)
    羽佐間が実況中継に携わったスポーツマンの秘話を多数掲載。
  • 「巨人軍V9を成し遂げた男」(2013年 WAC)
    羽佐間が雑誌『WiLL』に連載したコラム「打撃の神様・川上哲治」、「今を精一杯生きる覚悟」を加筆・修正した上で書籍化したもの。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 週刊現代 2011年10月29日号
  2. ^ オリンピック実況の裏側とV9監督・川上哲治の素顔――羽佐間正雄さん』 文化放送 docomo団塊倶楽部 2013年7月13日放送
  3. ^ 甲子園大会での引き分け再試合は決勝戦では初であったが、大会本戦での試合としては3例目だった。
  4. ^ NHK番組発掘プロジェクト通信 No.19 伝説の甲子園決勝!引き分け再試合、全中継を発掘!(2014年8月8日)、NHK番組発掘プロジェクト
  5. ^ 第二回 全米オープンの若武者 石川遼 羽佐間正雄コラム
  6. ^ 後日、世界新記録で優勝したジョンソンがドーピングの疑いで金メダルを剥奪された際に、羽佐間が実況したこの場面が何度もニュースで流れることになった。
  7. ^ 日本プロゴルフ殿堂:設立へ 第1回は来年2月にも決定 毎日新聞 2011年10月26日閲覧

関連項目[編集]