羽咲まな

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

羽咲 まな(はざき まな、10月24日 - )は、元宝塚歌劇団月組の娘役。

大阪府南河内郡相愛高等学校出身。身長159cm。愛称はまな

略歴[編集]

宝塚歌劇団時代の主な舞台出演[編集]

  • 2004年11月、瀬奈じゅんコンサート『SENA!』(東京・名古屋・大阪)
  • 2005年2月、『エリザベート -愛と死の輪舞-』新人公演:女官
  • 2005年7月、『Ernest in Love』(梅田芸術劇場)ロンドン市民/農民/メイド
  • 2005年9月、『JAZZYな妖精たち』ベンフィオン、新人公演:ジーン(本役:紫水梗華)/『REVUE OF DREAMS』
  • 2006年2月、『想夫恋 -言の葉もなき、君の心-』(バウ)如月
  • 2006年3月、『月組 エンカレッジコンサート』(バウ)
  • 2006年5月、『暁のローマ』新人公演:カルプルニア(本役:椎名葵)/『レ・ビジュー・ブリアン』
  • 2006年10月、『オクラホマ!』(日生劇場)エレン
  • 2007年1月、『パリの空よりも高く』新人公演:ロリー(本役:憧花ゆりの)/『ファンシーダンス』
  • 2007年5月、『ハロー!ダンシング』(バウ・東京特別)
  • 2008年1月、『ホフマン物語』(バウ)アントニア[2]/アントニアの母
  • 2008年3月、『ME AND MY GIRL』新人公演:マリア公爵夫人[3](本役:出雲綾
  • 2008年7月、『グレート・ギャツビー』(日生劇場)ジュディ・フェイ
  • 2008年11月、『夢の浮橋小野の妹尼、新人公演:明石の中宮(本役:梨花ますみ)/『Apasionado!!』 *エトワール
  • 2009年5月、『エリザベート -愛と死の輪舞-』女官
  • 2009年8月、『第2回マグノリア・コンサート・ドゥ・タカラヅカ』(マグノリアホール)(出演:羽咲、沢希理寿響れおな
  • 2010年2月、『紫子』小松/『Heat on Beat!』(中日) *エトワール
  • 2010年4月、『THE SCARLET PIMPERNEL』ジュリー *エトワール
  • 2010年9月、『ジプシー男爵』シムザ/『Rhapsodic Moon』
  • 2011年3月、『バラの国の王子』家臣(キツネ)/『ONE-私が愛したものは…-』
  • 2011年7月、『アルジェの男』ヴェール夫人/『Dance Romanesque』 *退団公演、エトワール

宝塚歌劇団退団後の主な出演[編集]

舞台[編集]

  • 2014年5月、『セレブレーション100! 宝塚』
  • 2015年9月、『SUPER GIFT!』
  • 2016年12月、『エリザベート TAKARAZUKA20周年スペシャルガラコンサート』
  • 2019年4月、『ふたり阿国』

コンサート[編集]

  • 2017年6月、瀬奈じゅん25th anniversary concert『Jun Sena 25th anniversary concert』(日比谷シアタークリエ、宝塚バウホール)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 小林公一・監修『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日、114頁。ISBN 9784484146010。
  2. ^ 青葉みちる・夢咲ねねと役替わり
  3. ^ 彩星りおんとダブルキャスト。