羽川豊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
No image.svg 羽川 豊 Golf pictogram.svg
Yutaka Hagawa
基本情報
名前 羽川 豊
生年月日 1957年12月8日(58歳)
身長 180 cm (5 ft 11 in)
体重 76 kg (168 lb)
出身地 栃木県
経歴
プロ転向 1980年
成績
優勝回数 日本ツアー:5回
日本シニアツアー:2回
初優勝 日本オープン (1981年)
賞金ランク最高位 日本ツアー:8位 (1981年、1991年)
2013年8月18日現在
テンプレートを表示

羽川 豊(はがわ ゆたか、1957年12月8日 - )は、栃木県出身のプロゴルファーである。日本では数少ないレフティ(左打ち)。

経歴[編集]

1979年専修大学在学中に日本学生ゴルフ選手権競技で優勝。主将としてチームを率いた。1980年プロテスト合格。プロテストではダントツの−8で合格し、当時のプロテスト新記録を樹立した。翌81年には日本最高峰・日本のトップ大会である日本オープンで優勝。日本シリーズも制し、同年代である湯原信光倉本昌弘と共に「ニューウェーブ三羽烏」と称された。翌1982年には前年の日本での活躍から、マスターズに招待される。ここでも15位と健闘し、アメリカの選手や関係者から「現役では最高のレフティだ」と絶賛された。

だが、1984年にはシード権を喪失し、俗に言われる「イップス」にも悩まされるなどスランプに陥る。スランプは長く続き、1988年に現状を打破しようとジャンボ尾崎率いる「ジャンボ軍団」に加入した。ジャンボからは「4年悪かったんだから、4年かけて元に戻そう」と声をかけられ、スタミナ不足を解消するべく練習に励む。同年、シード権を取り返し、1991年には8年ぶりに優勝した。

2000年日本プロゴルフ選手権を最後にイップスが原因で2008年まで試合に一切出場しなかった[1]。しかし、たまたま家に置いてあった長尺パターを使い、それがきっかけでイップスを克服、2008年にシニアツアーに参戦した[1]。そして、2011年PGAフィランスロピーシニアトーナメントでシニアツアー初優勝、ツアー競技では20年ぶりの優勝であった[1]

1998年からはゴルフ中継解説者として活躍。主にテレビ朝日のメジャー大会でのコースレポーター(全英オープン全米オープン。かつては大町昭義プロと二人で担当していた)や、NHKWOWOWなどで解説を担当。また、かつてはテレビ東京でゴルフ番組を担当していたこともある。また、都内で会員制のゴルフ教室「羽川豊ゴルフサロン」を主宰する。

優勝歴[編集]

日本ツアー (5)[編集]

勝数
メジャー (2)
ツアー (3)
No. 日時 大会 優勝スコア 打差 2位
1 1981年11月1日 日本オープンゴルフ選手権競技 E (74-69-69-68=280) 1打差 日本の旗 中嶋常幸日本の旗 森憲二
2 1981年12月6日 ゴルフ日本シリーズ -9 (70-65=135) プレーオフ 日本の旗 青木功
3 1983年6月5日 東北クラシック -11 (70-69-67-71=277)
4 1991年3月17日 インペリアル・ゴルフトーナメント -6 (70-72-66-74=282) 1打差 日本の旗 尾崎直道
5 1991年3月24日 ダイドー静岡オープンゴルフトーナメント -10 (70-72-69-67=278) 1打差 日本の旗 須貝昇

プレーオフ記録 (1-1)[編集]

No. 大会 対戦相手
1 1981年 関東プロゴルフ選手権 日本の旗 金井清一
2 1981年 ゴルフ日本シリーズ 日本の旗 青木功

その他[編集]

シニアツアー (2)[編集]

出典[編集]