羽後交通横荘線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
横荘線
概要
現況 廃止
起終点 起点:横手駅
終点:老方駅
駅数 14駅
運営
開業 1918年8月18日 (1918-08-18)
廃止 1971年7月20日 (1971-7-20)
所有者 横荘鉄道→羽後鉄道→羽後交通
路線諸元
路線総延長 38.2 km (23.7 mi)
軌間 1,067 mm (3 ft 6 in)
最小曲線半径 160 m (520 ft)
電化 全線非電化
最急勾配 15
テンプレートを表示
停車場・施設・接続路線(廃止当時)
凡例
STR
国鉄北上線
ABZqr
国鉄:奥羽本線
exSTR+r
0.0 横手駅
exBHF
4.0 栄村駅
exBHF
6.3 樋ノ口駅
exBHF
7.8 東浅舞駅
exBHF
9.2 浅舞駅
exBHF
11.7 豊前駅
exBHF
12.9 羽後里見駅
exBHF
15.3 沼館駅
exBHF
17.0 船沼駅
exBHF
18.9 舘合駅
exhKRZWae
雄物川
exBHF
20.7 羽後大森駅
exBHF
22.0 上溝駅
exBHF
23.0 八沢木駅
exBHF
26.1 二井山駅
exBHF
32.7 浮蓋駅
exKBHFe
38.2 老方駅
exLSTR
未成区間
国鉄:矢島線
HST
前郷駅
STR
↓矢島線(横荘鉄道西線)

横荘線(おうしょうせん)は、秋田県内陸南部の横手盆地を走っていた羽後交通鉄道路線横手市横手駅由利郡東由利村(現・由利本荘市)の老方駅を結んでいたが、1971年昭和46年)に全線が廃止された。通称「横荘っこ」と呼ばれていた。

路線データ[編集]

歴史[編集]

大正時代に「釜石 - 横手 - 本荘間」を結ぶ“陸羽横断鉄道構想”で建設が始まったが、昭和恐慌日中戦争太平洋戦争水害などの度重なる天災により、最後まで目的を果たせず「壮大な構想」で終わった。

現在、由利本荘市の羽後本荘 - 矢島を結んでいる由利高原鉄道鳥海山ろく線のうち羽後本荘 - 前郷間は、横荘鉄道西線として建設され、本来は横荘線(東線)「老方駅」と連絡する計画であった。

駅一覧[編集]

開業時[編集]

横手停車場(よこてていしゃば) - 栄村停留場(えいむらていりゅうじょう) - 樋ノ口(ひのくち)停留場 - 浅舞停車場 - 羽後里見(うごさとみ)停車場 - 沼館(ぬまだて)停車場

なお、若林 (2004) で幻の駅と書かれている栄村停留場は、1918年(大正7年)8月18日から1921年(大正10年)3月31日まで営業した。その位置は、工事竣工届の書類に記載されていたものでは、横手駅から2哩5分、約4キロである。現在は、秋田自動車道横手インターチェンジとなっている。これは、羽後交通関係者の資料・証言による。

1953年(昭和28年)当時[編集]

横手駅 - 樋ノ口停留所(ひのくち) - 東浅舞停留所(ひがしあさまい)※ - 浅舞駅(あさまい) - 豊前停留所(ぶぜん) - 羽後里見駅(うごさとみ) - 沼館駅(ぬまだて) - 船沼停留所(ふなぬま) - 舘合駅(たてあい) - 羽後大森駅(うごおおもり) - 上溝停留所(うわみぞ) - 八沢木駅(やさわぎ) - 二井山駅(にいやま) - 浮蓋停留所(うきぶた) - 老方駅(おいかた)

※ 東浅舞は1962年(昭和37年)の開業。

接続路線[編集]

輸送実績[編集]

年度 旅客輸送人員(人) 貨物量(トン)
1939 257,865 49,145
1941 395,159 59,141
1943 591,110 68,667
1945 677,914 51,247
1952 618,680 36,151
1958 713千 49,005
1963 992千 62,867
1966 847千 46,580
1970 243千 7,235
  • 鉄道統計、国有鉄道陸運統計、地方鉄道軌道統計年報、私鉄統計年報各年度版

代替交通[編集]

  • 羽後交通バス 横手・本荘線:横手 - 本荘間と横手 - 沼館間の2系統と区間便からなる乗合バス路線。ルートが鉄道時代と大きく異なる区間が長いが、前者は横手バスターミナルから浅舞、老方を経て、横荘線が到達できなかった本荘(本荘営業所)まで結んでいる。横手 - 本荘間の直通便は「急行」として運行されている[12]。ただし、一部区間が横荘西線として開業した由利高原鉄道鳥海山ろく線とは、路線は重複していない(前郷は経由しない)。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「軽便鉄道免許状下付」『官報』1915年1月15日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  2. ^ 「軽便鉄道運輸開始」『官報』1918年8月23日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  3. ^ 「軽便鉄道運輸開始」『官報』1919年7月21日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  4. ^ 「地方鉄道運輸開始」『官報』1920年3月27日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  5. ^ 『地方鉄道及軌道一覧 : 昭和10年4月1日現在』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  6. ^ 毎日新聞昭和3年4月24日秋田版
  7. ^ 「地方鉄道運輸開始」『官報』1928年11月8日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  8. ^ 「地方鉄道運輸開始」『官報』1930年10月13日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  9. ^ 『鉄道停車場一覧. 昭和12年10月1日現在』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  10. ^ 「運輸省告示第348号」『官報』1949年12月27日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  11. ^ 「運輸省告示第76号」『官報』1951年4月18日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  12. ^ 羽後交通時刻表「横手・本荘線」

参考文献[編集]

  • 金沢二郎 (1965). “羽後交通”. 鉄道ピクトリアル No. 173 (1965年7月臨時増刊号:私鉄車両めぐり6): 4, 5, 20-29. (再録:『私鉄車両めぐり特輯』2、鉄道ピクトリアル編集部、鉄道図書刊行会、東京、1977年
  • 若林宣 『羽後交通横荘線―オラほの横荘っこ―』 ネコパブリッシング〈RM LIBRARY 61〉、2004年。ISBN 4777050602。
  • 羽後交通株式会社保存の資料