羽束山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
羽束山
南南東にある大岩岳から望む
南南東にある大岩岳から望む
標高 524 m
所在地 兵庫県三田市
位置 北緯34度55分7秒
東経135度16分4秒
山系 丹波高地
羽束山の位置(兵庫県内)
羽束山
羽束山 (兵庫県)
羽束山の位置(日本内)
羽束山
羽束山 (日本)
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

羽束山(はつかやま、はつかさん)は、兵庫県三田市にある標高524mの丹波高地に属する独立峰である。兵庫50山の一つである。香下山とも言う。

概要[編集]

三田市の中心部東方に存在する。山頂には羽束神社があり、室町時代以前は、この地域で盛んであった丹波修験道の霊場の一つであった。

三田市街地からは、羽束山の最高峰から南に続く「甚五郎山」(430m)の双方が御椀を二つ伏せたような山容であり、その姿が鯨の胴体と尻尾部に見て取れる姿から「くじら山」の愛称で呼ばれることがある。

山頂付近の展望台からは360度に近い展望が楽しめる。登山道へは、三田駅から神姫バスにて、木器停留所もしくは香下停留所から登るのが一般的である。

東麓には羽束川が流れ、神戸水道千苅貯水池に繋がる。

アクセス[編集]

  • 神姫バス、木器停留所
  • 神姫バス、香下停留所

和歌[編集]

新古今和歌集大江匡房源頼綱に贈った和歌がある。
 詞書: 頼綱朝臣つのくに(摂津国)のはつかといふ所に侍りける時つかはしける
 和歌: 秋はつるはつかの山のさひしきに在あけの月をたれとみるらん (巻第十六 01571)

関連項目[編集]