羽溪了諦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

羽溪 了諦(はたに りょうたい、1883年8月17日 - 1974年8月13日)は日本仏教学者浄土真宗僧侶

福井県遠敷郡出身。旧姓・向島。号・青浜。1909年京都帝国大学文科大学哲学科卒業。同大学院を経て副手、1923年講師、27年助教授、1935年教授。1921年年龍谷大学教授を兼ね、1931年大谷大学教授を兼ねる。1934年「西域仏教ノ特徴」で京大文学博士。1936年龍谷大学長。京大、龍谷大、京都女子大学各名誉教授。浄土真宗本願寺派総務。1955年紫綬褒章勲三等旭日中綬章受勲。[1]

著書[編集]

  • 『解信ト仰信』法蔵館 1910
  • 『釋尊乃研究』(丙午出版社、1910年)
  • 阿弥陀佛の信仰』(興教書院、1913年)
  • 『西域之佛教』(法林舘、1914年)
  • 『仏教学概論序説』仏教年鑑社 1935
  • 『佛教教育學』(大東出版社、1936年)
  • 『超世の本願』(興教書院、1937年)
  • 『眞實の宗教』(あそか書林、1953年)
  • 『大乗経典の成立』(永田文昌堂、1964年)
  • 『日本仏教の精華:羽溪了諦集』(教育新潮社、1968年)
  • 『仏教の真髄』(仏教伝道協会、1974年)
  • 『仏教論説選集:羽渓博士米寿記念』(大東出版社、1971年)

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 20世紀日本人名事典