羽田節子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

羽田 節子(はねだ せつこ、1940年3月9日- )は、日本の翻訳家動物学者。昆虫生理学専攻。

東京生まれ。1963年東京農工大学農学部卒業。生物学関係の翻訳執筆にたずさわる。日高敏隆に師事し、共訳が多い。1995年『キャプテン・クックの動物たち』で吉村証子記念日本科学読物賞受賞。

著書[編集]

  • 『キャプテン・クックの動物たち すばらしいオセアニアの生きもの』大日本図書 1994
  • 『恐竜たちの大脱出 進化恐竜トロオのものがたり』福音館のかがくのほん 1999
共著
  • 『森のほ乳類』日高敏隆 学習研究社 自然と友だちになる法 1986

論文[編集]

翻訳[編集]

日高敏隆共訳[編集]

  • イゴーリ・アキムシキン『伝説のなぞを解く 歴史への科学的探検』理論社(少年科学文庫)1968
  • ジョン・A.リヴィングストン『破壊の伝統 人間至上文化の組みかえのために』文化放送開発センター出版部 1974 のち講談社学術文庫
  • コンラート・ローレンツ『行動は進化するか』講談社現代新書 1976
  • ティンバーゲン動物行動学』平凡社 1982
  • ハラルト・シュテュンプケ、ゲロルフ・シュタイナー『鼻行類 新しく発見された哺乳類の構造と生活』思索社 1987 のち平凡社ライブラリー
  • リチャード・ドーキンス『利己的な遺伝子』岸由二垂水雄二共訳 紀伊国屋書店 1992
  • ユクスキュル、クリサート『生物から見た世界』岩波文庫 2005

その他[編集]

  • W.ヴィックラー『擬態 自然も嘘をつく』平凡社 1970
  • M.ウェルズ『動くしくみ 無脊椎動物からの歩み』平凡社 1972
  • ヘルベルト・ヴェント『物語世界動物史』小原秀雄、大羽更明共訳 平凡社 1974
  • G.ヴェヴァーズ『ロンドン動物園150年』築地書館 1979
  • ダニエル・コーエン『人間行動の生物学』筑摩書房(ちくまぶっくす)1979
  • マイケル・チナリー『生きものの世界 生物とその環境』加藤義臣共訳 文理 1980
  • アーノルド・C.ブラックマン『ダーウィンに消された男』新妻昭夫共訳 朝日新聞社 1984 のち選書
  • コンラート・ローレンツ『ローレンツの世界 ハイイロガンの四季』日経サイエンス 1984
  • エドワード・O・ウィルソン『社会生物学』第4巻 坂上昭一共訳 思索社 1984
  • ダイアン・フォッシー『霧のなかのゴリラ マウンテンゴリラとの13年』山下恵子共訳 早川書房 1986 のち平凡社ライブラリー
  • デズモンド・モリス『キャット・ウォッチング ネコ好きのための動物行動学』1-2 平凡社 1987-1988
  • デヴィッド・デュビレ『海 Light in the sea』朝日新聞社 1990
  • ハワード・E.エヴァンズ『昆虫学の楽しみ』山下恵子共訳 思索社 1990
  • アンドリュー・ミッチェル『滅びゆく楽園』小学館 1991
  • ナショナル・ジオグラフィック協会編『野生を生きる 秘められた生命の世界』岩波書店 1992
  • グドール、フォッシー、ガルディカス サイ・モンゴメリー『彼女たちの類人猿』平凡社 1993
  • シュビレ・カラス『ハイイロガン』くもん出版 大自然の動物ファミリー 1994
  • ゲインズ・カンチー・リュウ『中国のセミ考』博品社 1996
  • ダーウィンの花園 植物研究と自然淘汰説 ミア・アレン 鵜浦裕共訳 工作舎 1997
  • デズモンド・モリス『セックスウォッチング 男と女の自然史』小学館 1998
  • レズリー・A.ゼブロウィッツ『顔を読む 顔学への招待』中尾ゆかり共訳 大修館書店 1999
  • ユージン・リンデン『動物たちの不思議な事件簿』紀伊國屋書店 2001
  • ジョン・ヒンメルマン『ピパルクとイルカたち』岩崎書店(海外秀作絵本)2003
  • シンディ・エンジェル『動物たちの自然健康法 野生の知恵に学ぶ』紀伊國屋書店 2003
  • ジェラルド・ダレル『積みすぎた箱舟』福音館文庫 2006

参考[編集]

  • 『現代日本人名録』2002年