翻訳夜話2 サリンジャー戦記

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
翻訳夜話2 サリンジャー戦記
著者 村上春樹柴田元幸
発行日 2003年7月20日
発行元 文藝春秋
ジャンル 対談、文芸評論
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 新書
ページ数 247
コード ISBN 978-4166603305
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

翻訳夜話2 サリンジャー戦記』(ほんやくやわツー サリンジャーせんき)は、村上春樹柴田元幸の対談集、文芸評論。「翻訳夜話」シリーズの2作目。

2003年7月、文藝春秋より文春新書として刊行された。

村上は本書の中で「『フラニーとズーイ』の関西語訳をやってみたいというのは、前々からちらちらと考えてます。(中略)受け入れられるかどうかはわからないけど」と発言しているが[1]、11年後の2014年2月、サリンジャーの同作品を新潮文庫から翻訳出版した。

内容[編集]

対話1 ホールデンはサリンジャーなのか?
『出版ダイジェスト』1907号(2003年3月11日)に掲載されたもののオリジナル版。またこの対談は白水社の公式サイトでも読むことができる[2]
対話2 『キャッチャー』は謎に満ちている
文藝春秋社内で行われた対談。
『キャッチャー・イン・ザ・ライ』訳者解説
執筆者は村上。同年4月に白水社より刊行された『キャッチャー・イン・ザ・ライ』に本来付されるべきだったもの。執筆後にアメリカ本国のエージェントから不許可の知らせを受け取ったという。出版契約書に「訳者は解説をつけてはならない」という条項があるのがその理由[3]。初出は『文學界』2003年6月号。
Call Me Holden
執筆者は柴田。ホールデン・コールフィールドが語るアメリカ文学史という体裁をとっている。

脚注[編集]

関連項目[編集]