老松町 (横浜市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本 > 神奈川県 > 横浜市 > 西区 (横浜市) > 老松町 (横浜市)
老松町
野毛坂バス停付近。道路左側が老松町。
野毛坂バス停付近。道路左側が老松町。
老松町の位置(横浜市内)
老松町
老松町
老松町の位置
老松町の位置(神奈川県内)
老松町
老松町
老松町の位置
北緯35度26分56.76秒 東経139度37分26.55秒 / 北緯35.4491000度 東経139.6240417度 / 35.4491000; 139.6240417
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Kanagawa Prefecture.svg 神奈川県
市町村 Flag of Yokohama, Kanagawa.svg 横浜市
西区
面積
 • 合計 0.218km2
人口
2017年(平成29年)12月31日現在)[2]
 • 合計 1,491人
 • 密度 6,800/km2
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
220-0032[3]
市外局番 045 (横浜MA)[4]
ナンバープレート 横浜

老松町(おいまつちょう)は神奈川県横浜市町名[5]。丁番を持たない単独町名である。住居表示未実施区域。郵便番号は220-0032[3]

地理[編集]

横浜市西区南東部に位置する[5]。北で伊勢町、北東で戸部町、東で宮崎町、南東で中区野毛町・中区宮川町、中区日ノ出町、南で東ケ丘、南西で赤門町、西で霞ケ丘、北西で西戸部町と接する。野毛山公園及び野毛山動物園の園地が半ばを占める。関東大震災及び第二次世界大戦による戦災の被害が少なく、官公署関連の建物が多い[5]

歴史[編集]

アール・エフ・ラジオ日本野毛山無線基地

1876年明治9年)、戸部町の一部から横浜町の町名として成立[5]1878年(明治11年)に横浜区1889年(明治22年)に横浜市、1927年(昭和2年)10月1日、横浜市の区制施行により横浜市中区の町名となる[5]1935年昭和10年)、第2次市区改正により月岡町の全部及び西戸部町南太田町の各一部を併せる[5]1944年(昭和19年)分区のため西区老松町となり、同年中区野毛町の一部を編入する。[5]

1876年(明治9年)に当地の花屋敷(遊園地)に日本最初の迷路園(当時は「メーズ」と呼んだ)が設けられた[5]。明治中期からは原富太郎茂木惣兵衛・左右田金作・平沼専蔵らの別邸が建てられている[5]1924年大正13年)に横浜市震災記念館1942年〔昭和17年〕に横浜市市民博物館に改組)、1926年(大正15年)には野毛山公園、1927年(昭和2年)には横浜市立図書館(現・横浜市中央図書館)が設置されている[5]。市立図書館は第二次世界大戦中は横浜連隊区司令部が使用し、終戦後はアメリカ占領軍第8軍接収、接収解除後は横浜市復興局が使用した[5]。野毛山公園は1946年(昭和21年)の復活メーデーで使用され、以降各種市民集会にたびたび使われている[5]1949年(昭和24年)には反町とともに日本貿易博覧会会場となっている[5]1951年(昭和26年)に野毛山動物園・遊園地が開園、1958年(昭和33年には)ラジオ関東(現・アール・エフ・ラジオ日本)がこの地で開局されている(1996年に中区長者町に移転、現在はアール・エフ・ラジオ日本野毛山無線基地が残っている。)[5]

地名の由来[編集]

老松の多い景勝地だったことに因むといわれている[5]

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)12月31日現在の世帯数と人口は以下の通りである[2]

町丁 世帯数 人口
老松町 812世帯 1,491人

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[6]

番地 小学校 中学校
全域 横浜市立本町小学校 横浜市立老松中学校

交通[編集]

鉄道[編集]

京急本線が地下を通過しているが、当地内に開口部はなく、駅も存在しない。

バス[編集]

道路[編集]

施設[編集]

野毛山動物園
横浜市中央図書館
急な坂スタジオ

出身・ゆかりのある人物[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 横浜市町区域要覧”. 横浜市 (2016年3月31日). 2018年1月24日閲覧。
  2. ^ a b 横浜の人口 - 登録者数(市・区・町・外国人) - 町丁別世帯と男女別人口”. 横浜市 (2017年12月31日). 2018年1月24日閲覧。
  3. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2018年1月23日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年1月23日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 『角川日本地名大辞典 14 神奈川県』角川書店、1991年9月。pp165-166、p1023。
  6. ^ 小中学校等通学区域”. 横浜市 (2017年11月15日). 2018年1月24日閲覧。

関連項目[編集]