老津村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
おいつむら
老津村
廃止日 1955年3月1日
廃止理由 編入
現在の自治体 豊橋市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 愛知県
渥美郡
面積 13.05km².
総人口 4,124
(1950年10月1日)
隣接自治体 豊橋市杉山村高豊村
老津村役場
所在地 愛知県渥美郡老津村字岩塚118
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト
老津村道路元標

老津村(おいつむら)は、愛知県渥美郡にあったである。現在の豊橋市西部に該当する。

渥美半島の村であり、三河湾に面する。

江戸時代までのこの地域の名は「大津」であったが、明治時代に「老津」に改称している。紫式部和歌「老津島 島守る神や 諫むらん 波もさはがめ 童べの浦」[1]にちなむ。

沿革[編集]

交通機関[編集]

学校[編集]

神社・仏閣[編集]

史跡[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『紫式部集』にある和歌。老津島は、奥津島であり、近江八幡市の大島奥津島神社、または琵琶湖沖島と推測される。

関連項目[編集]