考えるカラス〜科学の考え方〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
考えるカラス〜科学の考え方〜
ジャンル 教育番組
放送時間 火曜日 10:00 - 10:10(10分)
放送期間 2013年4月9日-
放送国 日本の旗 日本
制作局 NHK
監修 佐藤雅彦
プロデューサー 竹内慎一
出演者

蒼井優市原尚弥

斎藤工山本晃士ロバート(ナレーション)
オープニング 考えるカラス
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示

考えるカラス〜科学の考え方〜』とは、NHK Eテレ2013年4月から始まった小学校中学年から中学生に向けた理科・科学番組である。第55回 科学技術映像祭 研究開発・教育部門 部門優秀賞受賞[1]。2014年国際エミー賞ノミネート。

番組概要[編集]

従来の理科系番組とは異なり科学の知識ではなく科学の「考え方」に焦点を当てた番組。

歌やアニメーションに加え、微速度撮影や超ミクロ撮影も用いた特撮映像を駆使して、興味深く伝えていく内容となっている[2]

「考え方の番組」と銘打つ通り、番組中で行われる実験には明確な答えを示さず、敢えて視聴者に考えさせる構成となっている。例として、番組最後の『蒼井優の考える練習』のコーナーでは、核心を示す直前に「ここから先は自分で考えよう。これからはみんなが考えるカラス」というナレーションで番組が終了する。番組公式ホームページには、視聴者が考えた実験の答えを投稿するコーナーが設けられている。

ピタゴラスイッチ』や『Eテレ0655&2355』なども手がける佐藤雅彦が監修。NHKが制作、ユーフラテス・うちのますみ・石澤太祥が制作協力をしている。また、京都大学のiCeMS科学コミュニケーショングループが番組スタッフをサポートしている。

放送時間[編集]

NHK Eテレ

  • 2013年度:火曜 9:10- 9:20、火曜15:30-15:40(再放送)
  • 2014年度:火曜 9:10- 9:20
  • 2015年度:火曜10:00-10:10、木曜23:45-23:55(4-5月のみ)

新番組として放送された2013年度に先立ち、春休み先行放送を行った。

出演者[編集]

備考[編集]

  • 番組タイトルの「考えるカラス」は、イソップ寓話の『カラスと水差し』に由来している。番組オープニングでは、この寓話と同じ行動を取るカラスの映像が使われており、番組や公式サイトにもマスコットとしてカラスが使われている。

脚注[編集]

  1. ^ [http://ppd.jsf.or.jp/filmfest/55/pdf/55pressrelease.pdf]
  2. ^ 平成25年度放送番組編成計画(2013年2月4日発表)
  3. ^ 斎藤工オフィシャルサイト2013/03/21 OTHER
NHK Eテレ 学校放送 小学3年向け理科番組
前番組 番組名 次番組
考えるカラス〜科学の考え方〜
ふしぎがいっぱい
(2015年度以降は2番組と並行してカガクノミカタも放送)
NHK Eテレ 学校放送 小学4年向け理科番組
考えるカラス〜科学の考え方〜
ふしぎがいっぱい
(2015年度以降は2番組と並行してカガクノミカタも放送)
NHK Eテレ 学校放送 小学5年向け理科番組
考えるカラス〜科学の考え方〜
ふしぎがいっぱい
(2015年度以降は2番組と並行してカガクノミカタも放送)
NHK Eテレ 学校放送 小学6年向け理科番組
考えるカラス〜科学の考え方〜
ふしぎがいっぱい
(2015年度以降は2番組と並行してカガクノミカタも放送)
NHK Eテレ 学校放送 中学校向け理科番組
考えるカラス〜科学の考え方〜
(2015年度以降は考えるカラス〜科学の考え方〜と並行してカガクノミカタも放送)