耳嚢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

耳嚢(みみぶくろ)は、江戸時代中期から後期にかけての旗本南町奉行根岸鎮衛が、佐渡奉行時代(1784-87)に筆を起こし、死の前年の文化11年(1814)まで、約30年にわたって書きためた全10巻の雑話集。公務の暇に書きとめた来訪者や古老の興味深い話を編集したもので、さまざまな怪談奇譚や武士や庶民の逸事などが多数収録されている[1]耳袋とも表記される。

概要[編集]

奇談・雑話の聞書の集録で、話者には姓名または姓を記した者が約120名、ある人の話としたものや、又聞きの話も収められている。その他、著名な高級旗本、同僚、下僚、医師、剣術者の名が見られる。収録された話の内容は、そのほとんどが奇異談・巷説だが、虚偽の噂話や先行する小説の内容を事実談として収めるものもある。文章は文学的表現というには粗く、当時の社会相を知る資料としては虚構が多いが、当時の幅広い階層の人々が享受した巷説を知ることができる作品とされる[2]

『耳嚢』の諸本は、二巻本・三巻本・五巻本・六巻本・八巻本などがあるが、五巻本を二分して10冊としたり、貸本屋側で冊数を細分化したりした本が見られる。なかでも、カリフォルニア大学バークレー校所蔵の旧三井文庫本は、現在唯一知られる十巻完備本として貴重とされる[2]

著者はこの書を流布することを嫌い、読みたいと望む人のために同家に近しい者などが無断で、急ぎ筆写したために何種類もの刊本が出回りその間に異同があるとも推測されている[3]。この門外不出の方針は、本書を無断で出版した者があったためにさらに強まる。ただしその出版の時期や犯人の正体[注釈 1]は明らかではない[6]

内容[編集]

書かれた主な人物、事物[編集]

刊行本[編集]

注釈[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 無断出版については千坂廉斎がその随筆に式亭三馬が犯人ではないかとの臆測を記したことがあるが、森銑三によって「根もない浮説」と否定されている[4]。勝海舟は談話の中で「根岸肥前守の小姓を勤めていた13歳の滝沢馬琴が『耳嚢』を読みたいという肥前守の縁者(児島春庵)のところに原稿を持っていく使いを任されたところ、道中に読んで全文を記憶し、約10年後にその内容を公にした」という情報を伝えている[5]

脚注[編集]

  1. ^ 旗本御家人 - 25. 耳嚢(みみぶくろ) : 国立公文書館”. www.archives.go.jp. 2020年2月21日閲覧。
  2. ^ a b 根岸鎮衛・長谷川強校注 『耳嚢(上)』 岩波書店、1991年1月、421-434頁。 
  3. ^ 根岸鎮衛・長谷川強校注『耳袋1』平凡社ライブラリー、2000年、P.499。
  4. ^ 根岸鎮衛・長谷川強校注『耳袋1』平凡社ライブラリー、2000年、P.507。
  5. ^ 関如来・編『当世名家蓄音機』文禄堂、1900年、P.31。
  6. ^ 根岸鎮衛・長谷川強校注『耳袋1』平凡社ライブラリー、2000年、P.505。

関連文献[編集]

  • 佐々木雅章「近世随筆『耳嚢』における狸 : 類話を通じて」『学芸古典文学』第6巻、東京学芸大学国語科古典文学研究室、2013年3月、 151-160頁、 ISSN 188270122020年8月8日閲覧。
  • 佐々木雅章「『耳嚢』における猫 : 怪異譚の視点から」『学芸古典文学』第7巻、東京学芸大学国語科古典文学研究室、2014年3月、 139-150頁、 ISSN 188270122020年8月8日閲覧。
  • 佐藤恭道、戸出一郎、雨宮義弘「「耳嚢」にみられる歯痛の治療法について」『日本歯科医史学会会誌』第27巻第3号、東京学芸大学国語科古典文学研究室、2008年4月、 139-142頁、 ISSN 028729192020年8月8日閲覧。

関連項目[編集]

  • 新耳袋 - 現代怪談集
  • 風野真知雄 - 耳嚢を題材とした時代小説『耳袋秘帖』シリーズを執筆。
  • 現代語訳のサイト