耶律ワ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本来の表記は「耶律洼」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

耶律洼(やりつ わ、生没年不詳)は、(契丹)の軍人は敵輦。契丹迭剌部の出身。

経歴[編集]

南院夷離菫の耶律綰思の子として生まれた。仲父隋国王耶律釈魯の孫で、玄祖耶律匀徳実の曾孫にあたる。太宗が即位すると、惕隠となった。天顕11年(936年)、太宗が河東を救援するにあたって、洼は先鋒となり、張敬達の軍を太原の北で撃破した。会同年間、北院大王に転じた。後晋を攻撃するにあたって、再び先鋒となり、梁漢璋と瀛州で戦って撃破した。

大同元年(947年)、太宗が欒城で死去すると、南方の州郡の多くが叛き、契丹軍の兵馬は混乱におちいった。洼と耶律吼世宗擁立の策を定め、諸将の支持を獲得した。世宗が即位すると、宮戸50を賜り、于越の位を受けた。

死去したときの年齢は54歳。

伝記資料[編集]

  • 遼史』巻77 列伝第7