耶律和尚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

耶律和尚(やりつ かしょう、生没年不詳)は、(契丹)の興宗の寵臣。は特抹。

経歴[編集]

季父房の後裔。滑稽を得意とした。重熙初年、祗候郎君に補任された。興宗は親族を重用したが、中でも和尚をもっとも寵愛した。和尚は宴席のたびに興宗のそばにいたが、冗談であっても一言の誤りもなく、このためますます興宗に重んじられた。積慶宮使・永興宮使を歴任し、同知南院宣徽使事・南面林牙に累進した。16年(1047年)、懐化軍節度使として出向したが、まもなく御史大夫として召還された。23年(1054年)、天平軍節度使・検校太師の位を加えられた。24年(1055年)、中京路按問使に転じた。後に死去した。

和尚はたびたび親友のために財産を分け与えて、みなに親しまれ重んじられた。しかし酒におぼれて仕事はしなかったので、仕事を任されることはなかった。ある人が深酒をいさめると、和尚は「わたしは酒の害を知らないではないが、人生をかえりみると風燈石火のようなものであり、どうして飲まないでいられよう」と答えた。晩年は酒への耽溺がひどくなり、当時の人に「酒仙」と称された。

伝記資料[編集]