耶律大悲奴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

耶律大悲奴(やりつ だいひど、生没年不詳)は、(契丹)の政治家軍人は休堅。

経歴[編集]

王子班聶里古の後裔。咸雍8年(1072年)、漢人行宮都部署に上った。太康元年(1075年)、始平軍節度使となった。太康年間に永興延昌宮使・右皮室詳穏を歴任した。阻卜が反抗すると、道宗の命を受けて帰順させる工作にあたった。寿昌元年(1075年)、右夷離畢に任じられた。2年(1096年)、殿前都点検となった。乾統初年、上京留守・惕隠を経て、再び殿前都点検となり、西南面招討使に転じた。老年のため引退を願い出たが、許可されなかった。天慶年間、再び上京留守をつとめ、北南枢密院点検中丞諸司等事を領した。5年(1115年)、耶律章奴が反乱を起こすと、大悲奴は蕭陶蘇斡とともに上京の防衛にあたった。彰国軍節度使として致仕し、死去した。

伝記資料[編集]

  • 遼史』巻95 列伝第25