耶律定

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

耶律 定(やりつ てい、生没年不詳)は、天祚帝の五男。秦王に封じられた。

1122年、天祚帝がに大敗したため、皇太子の耶律定とともに西方へ逃亡し、その一方、天祚帝の従父であった耶律淳南京で天錫帝として皇帝に即位、北遼を建国した。しかし、天錫帝は同年6月に病死、耶律定が代わりに擁立された。この時、耶律定は南京におらず、徳妃蕭普賢女が摂政を務めたが、南京が金に落とされ、耶律定も青冢濼で金に捕らえられた。

参考文献[編集]

  • 遼史』天祚帝本紀、皇子表