耶律引吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

耶律引吉(やりつ いんきつ、生没年不詳)は、(契丹)の政治家は阿括。契丹品部の出身。

経歴[編集]

耶律双古の子として生まれた。父の蔭官により出仕し、東京留守・北枢密院侍御に累進した。ときに蕭革や蕭図古辞らが重用されていたが、引吉はかれらにおもねろうとしなかった。客省使に転じた。ときに朝廷が3京の隠戸を捜索させて成果をえられなかったが、引吉が任を引き継ぐと、数千戸あまりを戸籍に登録させた。

皇太子耶律濬が北院と南院の行政を統轄すると、引吉がその補佐と教導にあたった。枢密使耶律乙辛は皇太子を追い落とそうと考えていたので、引吉を引き離そうと画策して、引吉を群牧林牙として出すよう上奏した。太康元年(1075年)、乙辛は牧地を賜るよう請願したが、引吉がこれに反対したため、道宗は乙辛の請願をしりぞけた。乙辛はこのためますます引吉を憎み、引吉を懐徳軍節度使に出向させ、さらに漠北猾水馬群太保に左遷させた。

伝記資料[編集]

  • 遼史』巻97 列伝第27