耶律撻不也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

耶律撻不也(やりつ たつふや、生年不詳 - 1077年)は、(契丹)の軍人政治家は撒班。

経歴[編集]

季父房の後裔。林牙の耶律高家の子として生まれた。清寧年間、牌印郎君に補任され、永興宮使に累進した。9年(1063年)、耶律重元の乱の鎮圧にあたり、功績により知点検司事となった。平乱功臣の称号を賜り、懐徳軍節度使として出向した。咸雍5年(1069年)、遙輦剋に転じた。

太康3年(1077年)、北院宣徽使に任じられた。耶律乙辛が皇太子耶律濬を害そうとしていたため、撻不也は乙辛や蕭得里特・蕭十三らを殺害しようとした。乙辛はこれを察知して、撻不也が道宗の廃立を計画していると仲間に誣告させたため、撻不也は処刑された。

乾統年間、漆水郡王に追封され、画像が宜福殿に飾られた。

伝記資料[編集]

  • 遼史』巻99 列伝第29