耶律敵禄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

耶律敵禄(やりつ てきろく、生年不詳 - 954年頃)は、(契丹)の軍人政治家は陽隠。

経歴

孟父楚国王の後裔。性格は実直で、膂力にすぐれた。天禄5年(951年)、耶律察割が世宗を殺害すると、敵禄は寿安王耶律述律に面会して、「願わくば精兵数百をえて、賊党を破らん」と述べ、忠義を称揚された。穆宗が即位すると、敵禄は北院宣徽使となった。飛狐道を広げるよう穆宗に命じられて、この工事を監督した。

応暦4年(954年)2月、軍を率いて北漢を救援し、高平で後周軍を撃破した。5月、北漢の忻州代州が離反すると、敵禄は軍を率いてこれを討った。耶律撻烈と合流し、後周の符彦卿の軍を忻口で撃破した。凱旋すると、まもなく死去した。

伝記資料

  • 遼史』巻90 列伝第20

今日は何の日(10月22日

もっと見る