耶律欧里思

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

耶律欧里思(やりつ おうりし)は、(契丹)の人物。

  • 遼の国初の南宰相。太祖元年(907年)、北宰相蕭轄剌とともに群臣を率いて耶律阿保機に天皇帝の尊号を奉り、述律皇后に地皇后の尊号を奉った。
  • 耶律欧里斯とも書かれる。耶律室魯の子。は留隠。祗候郎君・六院部司徒・郎君班詳穏・右皮室詳穏を歴任。開泰7年(1018年)、東平王蕭排押の下で高麗に対する征戦に従軍した。契丹軍は茶河・陀河の間で敗戦したが、欧里思はひとり自軍を保全して帰還し、聖宗の賞賛を受けた。最終官は西南面招討使。

今日は何の日(10月24日

もっと見る