耶律磨魯古

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

耶律磨魯古(やりつ まろこ、生没年不詳)は、(契丹)の軍人は遙隠。契丹六院部の出身。

経歴

耶律虎古の子として生まれた。統和初年、南面林牙に任じられた。4年(986年)、北宋の軍が燕雲十六州奪回のために進攻してくると、磨魯古は契丹軍の先鋒をつとめ、流れ矢を手に受けながら、矢を抜いてさらに進軍した。皇太后が到着すると、磨魯古は負傷のため戦うことができず、蕭継先とともに国境沿いを警備した。

6年(988年)9月、契丹軍が北宋を攻撃すると先鋒をつとめ、耶律奴瓜とともに定州で宋の将軍の李忠吉を破った。8年(990年)6月、北院大王に上った。22年(1004年)9月、耶律老君奴とともに北王府と南王府の兵を閲兵した。

伝記資料

  • 遼史』巻82 列伝第12

今日は何の日(10月21日

もっと見る