耶律趙三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

耶律趙三(やりつ ちょうさん、生没年不詳)は、(契丹)の軍人

経歴[編集]

六院部夷離菫の耶律蒲古只の後裔。はじめ宿直官となり、北面林牙に累進した。咸雍4年(1068年)、北院大王に任じられ、西南面招討使に転じた。太康年間、西北諸部で反乱が起こると、趙三でなければ平定できないと道宗に見込まれて、西北路招討使に任じられ、行軍都統を兼ねた。反乱を鎮圧すると、功績により再び北院大王となった。

趙三の娘は蕭忽古にとついだ。また趙三の甥に耶律那也があった。

伝記資料[編集]

  • 遼史』巻94 列伝第24