聖れい

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

聖 れい(ひじり れい、6月25日生)は、宝塚歌劇団卒業生(男役)。東京都羽村市出身、東京都立立川高等学校出身。愛称は「ひじりん」「マキ」。83期生。身長171cm。血液型はB型。芸名は聖書から考案。

略歴[編集]

  • ゆめ芸術学園を経て、1995年宝塚音楽学校入学。掃除分担は3階トイレ・鏡分担。
  • 1997年宝塚歌劇団入団。入団時の成績は21番。雪組に配属。
  • 2005年2月13日、雪組東京宝塚劇場公演「青い鳥を捜して/タカラヅカ・ドリーム・キングダム」千秋楽日付けで退団。

宝塚歌劇団時代の主な舞台出演[編集]

音楽学校〜組配属以前[編集]

  • 1995年12月16〜17日、宝塚音楽学校文化祭、オムニバスミュージカル「愛のラプソディ」第2幕予科生コーラス「金毘羅船々」(香川県民謡)、「いろは歌によるボレロ」(日本古謡)
  • 1997年3月28日〜5月5日、雪組宝塚大劇場公演「仮面のロマネスク/ゴールデン・デイズ」初舞台
  • 第83期生初舞台口上の際は朝菜いるみ風雅湊と共に出演。
  • 1997年4月15日、雪組新人公演「仮面のロマネスク」市民男3(本役:冴月晃)
  • 1997年5月24日、TCAスペシャル「ザ・祭典〜四組 夢の競宴〜」
  • 1997年7月4日〜30日、雪組東京宝塚劇場公演「仮面のロマネスク/ゴールデン・デイズ」
  • 1997年7月15日、雪組東京新人公演「仮面のロマネスク」市民男3(本役:冴月晃)

雪組時代[編集]

1998年
1999年
  • 1999年2月2日〜21日、中日劇場「浅茅が宿/ラヴィール」
  • 1999年4月2日〜5月10日、宝塚大劇場「再会/ノバ・ボサ・ノバ
  • 1999年4月20日、新人公演「ノバ・ボサ・ノバ」ピエロ(本役:蘭香レア)
  • 1999年7月2日〜8月15日、TAKARAZUKA1000days劇場「再会/ノバ・ボサ・ノバ」
  • 1999年7月13日、東京新人公演「ノバ・ボサ・ノバ」ピエロ(本役:蘭香レア)
  • 1999年9月18日〜10月3日、バウホール「SAY IT AGAIN」
  • 1999年11月12日〜12月20日、宝塚大劇場「バッカスと呼ばれた男/華麗なる千拍子'99」/紳士
  • 1999年11月30日、新人公演「バッカスと呼ばれた男」ガスパール(盗賊。マンドランの右腕)
  • 1999年12月23日〜25日、宝塚大劇場「レビュースペシャル'99」
2000年
  • 2000年2月11日〜3月19日、TAKARAZUKA1000days劇場「バッカスと呼ばれた男/華麗なる千拍子'99」/紳士
  • 2000年2月22日、東京新人公演「バッカスと呼ばれた男」ガスパール(盗賊。マンドランの右腕)
  • 2000年4月14日〜5月7日、全国ツアー「バッカスと呼ばれた男/華麗なる千拍子'99」/ガイ
  • 2000年6月30日〜8月9日、宝塚大劇場「凱旋門/デパートメント・ストア
  • 2000年7月18日、宝塚大劇場役代わり公演「凱旋門」ヴィーゼンホーフ(本役:蒼海拓)
  • 2000年9月22日〜10月17日、TAKARAZUKA1000days劇場「凱旋門/デパートメント・ストア」
  • 2000年10月17日、東京新人公演「凱旋門」ヴィーゼンホーフ(本役:蒼海拓)
  • 2000年12月5日〜12日、シアタードラマシティ「月夜歌聲-闇の中から光が生まれる-」
  • 2000年12月18日〜24日、東京特別公演(赤坂ACTシアター)「月夜歌聲-闇の中から光が生まれる-」
2001年
  • 2001年2月23日〜4月2日、宝塚大劇場「猛き黄金の国/パッサージュ -硝子の空の記憶-」/白い光
  • 2001年3月13日、新人公演「猛き黄金の国」矢島ヤタロウ(現代の青年)(本役:朝海ひかる)
  • 2001年5月11日〜6月24日、新東京宝塚劇場公演「猛き黄金の国/パッサージュ -硝子の空の記憶-」/白い光
  • 2001年5月22日、東京新人公演「猛き黄金の国」矢島ヤタロウ(現代の青年)(本役:朝海ひかる)
  • 2001年8月1日〜23日、博多座「凱旋門/パッサージュ -硝子の空の記憶-」ペペ、ラヴィックの影/ジゴロ、白い光
  • 2001年10月5日〜11月12日、宝塚大劇場「愛 燃える -呉王夫差-/Rose Garden」/ランカスター家のナイト、ダンシングローズ
  • 2001年10月23日、新人公演「愛 燃える -呉王夫差-」孫武(呉国の軍師)(本役:立樹遥)
  • 2001年11月24日〜26日、バウ・ワークショップ「Over The Moon-月影瞳クロニクル-」バート(ショーの共演者)
2002年
  • 2002年1月2日〜2月11日、東京宝塚劇場「愛 燃える -呉王夫差-/Rose Garden」/ランカスター家のナイト、ダンシングローズ
  • 2002年1月22日、東京新人公演「愛 燃える -呉王夫差-」孫武(呉国の軍師)(本役:立樹遥)
  • 2002年4月6日〜16日、宝塚歌劇88周年記念日生劇場公演「風と共に去りぬ」スタンレー(南部の青年)
  • 2002年5月24日〜7月8日、宝塚大劇場「追憶のバルセロナ/ON THE 5th」メンドーサ(ジプシー)/ナイトダンサー(男)
  • 2002年6月25日、新人公演「追憶のバルセロナ」ジャン・クリストフ(フランス軍大尉)(本役:貴城けい)
  • 2002年7月23日、「宝塚巴里祭2002」
  • 2002年8月16日〜9月23日、東京宝塚劇場「追憶のバルセロナ/ON THE 5th」メンドーサ(ジプシー)/ナイトダンサー(男)
  • 2002年8月27日、東京新人公演「追憶のバルセロナ」ジャン・クリストフ(フランス軍大尉)(本役:貴城けい)
  • 2002年10月26日〜11月17日、全国ツアー「再会/華麗なる千拍子2002」アンドレ(旅行雑誌編集長)/ガイA、歌う男
  • 2002年11月30日、バウホール「第4回アキコ・カンダレッスン発表会「DANCIN'-AKIKO-40th Anniversary」
2003年
  • 2003年1月1日〜2月4日、宝塚大劇場「春麗の淡き光に/Joyful!!」星熊童子(朱天童子の一味)/ブラックキー、フォルテ男A、タムタム
  • 2003年1月21日、新人公演「春麗の淡き光に」源頼光(弓の名手)(本役:貴城けい)
  • 2003年3月1日〜9日、バウ・ワークショップ「春ふたたび/恋天狗」与五
  • 2003年3月28日〜5月4日、東京宝塚劇場「春麗の淡き光に/Joyful!!」星熊童子(朱天童子の一味)/ブラックキー、フォルテ男A、タムタム
  • 2003年4月8日、東京新人公演「春麗の淡き光に」源頼光(弓の名手)(本役:貴城けい)
  • 2003年6月21日〜7月13日、全国ツアー「春麗の淡き光に/Joyful!!」渡辺綱
  • 2003年8月22日〜9月29日、宝塚大劇場「Romance de Paris/レ・コラージュ -音のアラベスク-」フレデリック(アラカト社の社員)/タブー男A、ラッツA、友B、ラテンラヴァーズ、ファントーム紳士A
  • 2003年9月9日、新人公演「Romance de Paris」ラシッド(将軍の部下)(本役:樹里咲穂)
  • 2003年10月8日〜10月16日、樹里咲穂コンサート「JUBILEE-S」セイント
  • 2003年11月21日〜12月26日、東京宝塚劇場「Romance de Paris/レ・コラージュ -音のアラベスク-」フレデリック(アラカト社の社員)/タブー男A、ラッツA、友B、ラテンラヴァーズ、ファントーム紳士A
  • 2003年11月18日、東京新人公演「Romance de Paris」ラシッド(将軍の部下)(本役:樹里咲穂)
2004年
  • 2004年1月31日〜2月9日、バウホール「送られなかった手紙」ベンケンドルフ長官
  • 2004年2月14日〜20日、東京特別公演(日本青年館)「送られなかった手紙」ベンケンドルフ長官
  • 2004年4月2日〜5月10日、宝塚大劇場「スサノオ/タカラヅカ・グローリー!!」/プロローグ紳士A、イリュージョンM、ダンサー男A
  • 2004年6月11日〜7月11日、東京宝塚劇場「スサノオ/タカラヅカ・グローリー!!」/プロローグ紳士A、イリュージョンM、ダンサー男A
  • 2004年8月21日〜28日、東京特別公演(日本青年館)「あの日見た夢に」トニー
  • 2004年9月4日〜16日、シアタードラマシティ「あの日見た夢に」トニー
  • 2004年11月12日〜12月14日、宝塚大劇場「青い鳥を捜して/タカラヅカ・ドリーム・キングダム」/ROSE男A、白い街の警官(歌手)、ブラックコレクション男B
2005年
  • 2005年1月2日〜2月13日、東京宝塚大劇場「青い鳥を捜して/タカラヅカ・ドリーム・キングダム」/ROSE男A、白い街の警官(歌手)、ブラックコレクション男B

テレビ[編集]

  • 2005年1月19日、MXテレビ「TAKARAZUKA CAFE BREAK」#146

書籍[編集]

  • 2002年7月号「宝塚GRAPH」Jump up! Now!!
  • 2003年9月号「宝塚GRAPH」Say Cheese!
  • 2004年3月23日、スポニチ大阪「宝塚フォーエバー」スターエッセイ
  • 2004年6月号「宝塚GRAPH」本音でGO!

宝塚歌劇団退団後の主な活動[編集]

  • 2006年9月2日、「夢はいずこより 夢よ永遠に」

関連項目[編集]