聖サワ大聖堂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
聖サワ大聖堂(セルビア正教会

座標: 北緯44度47分53秒 東経20度28分07秒 / 北緯44.798083度 東経20.46855度 / 44.798083; 20.46855

聖サワ大聖堂[1]セルビア語: Храм светог Саве聖サヴァ大聖堂とも)は、セルビアの首都ベオグラードにある、世界でも最大級の正教会大聖堂である。

概要[編集]

大聖堂はセルビア正教会の創健者であり中世セルビアにおいて重要な人物である聖サワを記憶している。オスマン帝国のシナン・パシャ(Sinan Pasha)によって1595年不朽体が焼かれた場所であると考えられているヴラチャル(Vračar)に建てられている。この場所からはベオグラードの景色が一望できる。おそらく首都でも最も記念碑的な建造物となっている。大聖堂の建築はもっぱら寄附に拠っている。総主教邸は近くにあり、総主教館となることが予定されている。

教会の視点においては、本大聖堂は主教座聖堂ではない(ベオグラード府主教座は聖ミハイル大聖堂)。セルビア人の間ではこの大聖堂はフラム(セルビア語: Храм)と呼ばれる。英語ではふつう、当聖堂の大きさと重要性から"cathedral"と呼ばれる。

平面はギリシャ十字に則っている。

1935年に建造が開始された当大聖堂は、戦争等による中断を経て、2010年10月現在もなお工事中である。と窓は入れられ、ファサードも完成した。しかしながら内装および装飾はまだ大半が完了していない。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 聖人名の転写は日本正教会による。出典:『正教改暦 2009年』6頁

関連項目[編集]