聖ジョージ大聖堂 (エルサレム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
聖ジョージ大聖堂 (エルサレム)

聖ジョージ大聖堂は、イスラエルエルサレムにあるキリスト教聖公会大聖堂1899年に建設された。エルサレム・中東聖公会管区のエルサレム教区の主教座聖堂で、レバノンシリアヨルダンパレスチナ、イスラエルの5か国にまたがり、合計27の教会がある。英語アラビア語が使われている。

地下に聖ジョージ神学校(St. George's College)があり、世界中の聖職者・信者が学んでいる。

なお、モルデハイ・ヴァヌヌは出獄後、ここに住んでいる。また、聖ジョージ大聖堂は英国教会派なので通常英語風にこのように呼ぶが、日本の旅行ガイドブックではラテン語風に「聖ゲオルギウス大聖堂」と呼ばれることもある[1]

脚注[編集]

  1. ^ 例えば、『地球の歩き方、イスラエル '13~'14』(ダイヤモンド・ビッグ社、p. 82)

関連項目[編集]

座標: 北緯31度47分16.81秒 東経35度13分43.33秒 / 北緯31.7880028度 東経35.2287028度 / 31.7880028; 35.2287028