聖公会神学院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

聖公会神学院(せいこうかいしんがくいん、英語:Central Theological College)は、東京都世田谷区用賀1-12-31に本部を置く日本聖公会神学校である。法制度上は各種学校に分類される。1911年に設立された。

概要[編集]

1908年の世界聖公会大会の感謝献金を基礎として、東京三一神学校、聖教社神学校が合併して1911年に設立された。後に、大阪三一神学校も合併。その後、戦時下での外国人教授辞任、政府の指示による廃校などを経て、1946年に学校法人聖公会神学院となり、校舎も池袋旧岩崎邸[1]湯島)を経て1953年に現在地に移転した。

全寮制で、原則として3年間の課程で、礼拝と学習と共同生活を通して教会の聖職・奉仕職に携わる者を養成する。教会関係の研修者や聴講生にも門戸を開いている[2]

入学条件は、大学卒業以上で教会の聖職・奉仕職を志している者、またはすでにその職務に従事している者。ただし、学生は公募せず、全国の教会からの推薦をもとに入学試験を経て入学が許可される[3]

出身者[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “[http://www.kensetsu.metro.tokyo.jp/content/000027743.pdf 東京都における文化財庭園の 保存活用計画(共通編)]”. 東京都建設局. 2018年11月21日閲覧。
  2. ^ 日本聖公会関係学校協議会”. 2018年10月28日閲覧。
  3. ^ 世田谷区専修学校各種学校協会”. www.setasen.jp. 2018年10月27日閲覧。

関連項目[編集]