聖剣伝説 PRINCESSofMANA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
聖剣伝説 > 聖剣伝説 PRINCESSofMANA

聖剣伝説 PRINCESSofMANA』(せいけんでんせつ プリンセスオブマナ)は、ヨシノサツキによる日本漫画作品。『ガンガンパワード』(スクウェア・エニックス)で連載され、『ガンガンパワード』廃刊に伴い同社のウェブコミックサイト『ガンガンONLINE』へ移籍し、2010年5月27日更新分まで連載された。

単行本は、全5巻。

概要[編集]

聖剣伝説プロジェクトの責任者石井浩一が「聖剣プロジェクトの一環として漫画の企画もスタートさせたい」という発言により本作品の企画がスタートした。漫画化にあたって抜擢された作家は当時新人漫画家だったヨシノサツキであり、彼女の描くテンションの高いファンタジーは読者から高い評価を受けた[要出典]

制作にあたっては石井からは『聖剣』を描く上での禁止事項だけのチェックと「何気もないところにもこだわってほしい」という制限程度でヨシノサツキの裁量に任せている。これは余計な制限を設け過ぎると漫画としてつまらなくなるという懸念と、以前に漫画連載されていた同シリーズの『聖剣伝説レジェンドオブマナ』(天野シロ)がいい形で展開できたため、あのような感じのものを見てみたいとのこと[1]

本作はストーリーを重視しつつも、ギャグパートも非常に多く取り入れられており、キャラクターの設定もかなり個性的になっている。

『ガンガンパワード』が廃刊した後は『ガンガンONLINE』(Webコミック)に移籍し隔月間隔で更新されていた。

聖剣伝説DS CHILDREN of MANA』から300年後を舞台としている。


ストーリー[編集]

世界の中心にあるイルージャ島を中心に起こった、世界を支えるマナの暴走。それを救ったのは、女神の血を継いだ樹の民の少女と聖剣に選ばれた勇者だった。

戦いの後、マナの女神の手によってイルージャ島は数名の樹の民と共に世界から隔離され『聖域』とされた。それから300年後、世界各地では謎の破壊活動、モンスターの凶暴化、精霊の暴走と壊滅の危機を迎えようとしていた。危機を救うべく聖剣の勇者を探すため、双子の巫女エマとニコ、巫女を護衛するイアンの3人はイルージャから旅立つのだった。

用語[編集]

本作の世界設定は基本的な部分は聖剣伝説DS CHILDREN of MANAに準ずる。

樹の巫女
マナの巫女ともいわれる女神の血を受け継ぐ者、今の時代ではエマとニコの二人のことを指す。
勇者一族
300年前に世界を救ったとされる勇者フリックの末裔とその信奉者たちで構成される。ウェンデル領内に本拠地を持ち他国家と並ぶ権力を持っている。
シクザール
世界に起こる異変に備え勇者一族で編成される精鋭集団。羽根飾りがトレードマークで制服はフリックの衣装の柄を引き継いでいる。戦闘部隊以外にも偵察部隊や記録班なども存在する。その名は他国家でも知れており、鍛冶屋などではシクザールの依頼の方が優先される。エクスハティオに対しては当初は全く歯が立たず各地で全滅続きだったが。後に魔法属性に合わせての対策を打ち出すことである程度は対抗可能になった。
亜種
「人間から生まれた人間では無いもの」といわれるどの種族にも当たらないものたち。生れついた時から強い魔力を持ち存在するだけで災厄を呼ぶとも言われている。特殊な腕輪を身につけないと魔力を抑えることができない。

人物[編集]

巫女一行[編集]

イアン・リカルディア・ウェンデル
本作の主人公。シクザールの現指揮官ジエルバとフリックの直系ヒューゴとの間の子で勇者フリックの血を受け継ぐ。次期指揮官とされたが10年前にイルージャへ島送りされ現在に至る。島送り前は物静かだったが、島送りの際に記憶を消去され今ではまじめで気さくだが庶民的でややネガティブ。エマとニコの護衛護衛兼抑え役で周囲のキャラクターに振り回されることが多い。フリックモデルの剣を愛用し腕前はかなりのもの。
エマ
マナの巫女でニコは双子の妹。ニコ共々かつて世界を救ったティスの直系とされる。男勝りで行動派。巫女と縛られるのはまっぴらごめんだと当初は旅立つのを拒否していた。モンスターの生体にかなりの知識を持ち劇中でもモンスターの生態を利用して危機を潜り抜けたことも。黒髪だがニコと区別をつけるために染めている。
ニコ
マナの巫女でエマは双子の姉にあたる。かなりのマイペースで夢見がちなところがある。絵を描くことが趣味でスケッチが得意だが、その出来は対象に非常に左右される。巫女としての素質はエマよりはるかに上で、エマ曰く「エクスハティオ戦の切り札」。

勇者一族[編集]

ジエルバ・リカルディア・ウェンデル
シクザール現指揮官でイアンの父。指揮官の地位は勇者フリックの直径であるヒューゴを妻にすることで手に入れている。エクスハティオに対しては積極的に対策を取る。
マリー・ダイワ
シクザール総帥護衛部隊隊長で、10年前は島送りされる以前のイアンの教育係を務めていた。劇中さまざまなところで乱入するように登場することが多く、さまざまなキャラから(挙句の果てには単行本4巻の帯まで)「空気の読めない女」と呼ばれている。
ギィ
シクザール偵察部隊隊長、かなりのツンデレで泣き虫。10年前にモンスターに襲われていたところをイアンに助けられそれ以来親友となり、イアンの島送りの際には再開するまでにイアンの右腕になるだけの実力をつけると約束した。イアンと再会した時には性格が変わった彼に初めは違和感を覚え素直になれずにいたが、徐々に溶け込んでいった。今は亡き父ダヒカはジエルバの右腕的人物。
キャロ
ギィの妹、シクザールではない。ロリマーで仕方なくスリをしたところでイアンたちに出会う。エマが苦手。
アルバ・ノーン
シクザールの記録班所属。敵の襲撃を受けた村の記録を取りに来た際に日射病で気絶していたところをイアンたちに助けられ同行する。行動などが非常に怪しい。

エクスハティオ[編集]

本作の敵にあたり組織でわずか5人ながらも世界各地の村や町を壊滅させていく。彼らは精霊を封じた各ジェムを使うことで精霊魔法の行使や肉体強化を行っている。

スヴァルト
エクスハティオのリーダー。白き死神ヴィーテとは一心同体で容姿も色以外非常に似ている。精霊をジェムに封じ込めることができる。
ヒューゴ
エクスハティオのナンバー2。翼のような装飾が特徴で常に素顔を隠している。シクザールを敵視しており冷酷ともいえる攻撃を浴びせる。
オルキ
水の国トップル担当。外の世界にでた巫女一行を最初に襲撃した。普段は淡々とした皮肉屋だが口元の包帯がはがれると激昂する。主にノームの力を借りた土の精霊魔法と大鎌が武器。
イーリス
氷の国ロリマー担当。ロリマーでは人気の高い踊り子としての表の顔も持つ。ウィスプの力を封じたジェムを持ち治療魔法を行使できる。エクスハティオの中では襲撃行為などに対して否定的なところがある一方、信愛するスヴァルトが中傷された時などは激しい面をあらわにする。
ブルカーン
砂の国ジャド担当。亜人で凶暴、かつ好戦的な性格の持ち主。主に火の精霊魔法を行使し敵を焼き尽くす。ルナのジェムも使用可能のようだが未遂に終わっている。

その他[編集]

フィル
聖なる扉の地にある村の族長の息子。武器は弓矢。イアン達の旅に同行するが、オルキ戦で左腕を負傷したため、同行を中止する。
ラングラード・ディーゼル
海賊。イアン達をロリマーまで船で連れて行く。
フロル・カルティナ
マナ一族の預言者。扉の外の世界でエマ達を導く。
マツゾー
ロリマーの鍛冶屋「Repair Shop」の職人。イアンの剣を修理する。
ゴンザレス
地獄の門番ケルベロス団の1人。ドモトモルの入り口でイアンに襲いかかる。名前の字画は良い。

単行本[編集]

  1. ISBN 978-4-7575-1952-7
  2. ISBN 978-4-7575-2139-1
  3. ISBN 978-4-7575-2304-3
  4. ISBN 978-4-7575-2491-0
  5. ISBN 978-4-7575-2792-8

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『聖剣伝説4&CHILDREN of MANA 設定資料集』200 - 201ページ。