聖書同盟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

聖書同盟(せいしょどうめい)は川崎市にある、プロテスタント福音派の団体。イギリス発祥の国際スクリプチャー・ユニオンと協力関係にある。2017年7月現在の総主事は嶋田博考。

月刊誌「みことばの光」「ジュニアみことばのひかり」を発行しており、中学生伝道団体の中学生聖書クラブ協力会(CSK)にも協力している。隔月誌に「びぶりか-現代と聖書信仰」。

歴史[編集]

  • 1954年、聖書通読運動を推進するために、国際スクリプチャー・ユニオンの協力のもとに設立された。主事兼編集者は舟喜順一羽鳥明が初代理事長になる。[1]
  • 1955年、聖書通読誌「みことばの光」発刊。。[2]
  • 1984年、中学生聖書クラブ協力会と合併。

脚注[編集]

  1. ^ 羽鳥(1992年),p.128-p.129。
  2. ^ 羽鳥(1992年),p.128-p.129、四年で聖書を通読するための小冊子であり、戦前には『聖書の友』として発行されていたが、戦争により中断されていた。

参考文献[編集]