聖書教会連盟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

聖書教会連盟(せいしょきょうかいれんめい)は、日本の福音派の団体である。

米軍軍人のC・レナードがダグラス・マッカーサー元帥と共に訪日。荒廃した日本に福音宣教をする志を持った。1954年11月に夫妻で訪日。能登半島での伝道を志し、準備をするために一時帰国した後、1957年より輪島市で伝道を始めた。輪島、七尾、門前、羽昨、内灘、金沢で伝道し教会を形成した。1965年に教会の代表が集まり、聖書教会連盟を設立した。現在、東京キリスト教学園の支援をしている。

加盟教会[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 中村敏『日本における福音派の歴史』いのちのことば社、2000年 ISBN 4264018269