聖高原駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
聖高原駅*
駅舎(2013年10月14日)
駅舎(2013年10月14日)
ひじりこうげん
Hijiri-Kōgen
坂北 (4.1km)
(3.3km) 冠着
所在地 長野県東筑摩郡麻績村漆田
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 篠ノ井線
キロ程 45.0km(塩尻起点)
電報略号 ヒコ[1]
オミ←ヲミ(改称前)
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線[1]
乗車人員
-統計年度-
281人/日(降車客含まず)
-2018年-
開業年月日 1900年明治33年)11月1日[1]
備考 業務委託駅
みどりの窓口[1]
* 1976年に麻績駅から改称[1]
標高:621.4m[1]
テンプレートを表示
旧駅舎

聖高原駅(ひじりこうげんえき)は、長野県東筑摩郡麻績村漆田にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)篠ノ井線である。

普通列車のほか、特急しなの」の一部と快速が停車する。

歴史[編集]

現在の駅名は駅周辺の観光開発のため難読駅名であった旧駅名を改称するよう村議会で決議され、変更したものである[1]

年表[編集]

  • 1900年明治33年)11月1日国鉄篠ノ井線 篠ノ井駅 - 西条駅間の開通と同時に、麻績駅(おみえき)として開業[1]。旅客・貨物の取扱を開始。
  • 1976年昭和51年)4月1日:周辺の聖高原にちなんで聖高原駅に改称[1]
  • 1982年(昭和57年)10月31日:貨物の取扱を廃止。
  • 1987年(昭和62年)4月1日:国鉄分割民営化により、JR東日本の駅となる。
  • 2016年(平成28年)6月1日:明科駅から松本駅に管理駅が変更となる。

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線、計2面3線のホームを有する地上駅。ホーム間の移動は跨線橋を利用する。留置線を有する。ホーム上に大きな仏像(聖観世音菩薩像)がある[2]

松本駅管理の業務委託駅で、長鉄開発が駅業務を受託しており、自動券売機みどりの窓口(営業時間 7:45 - 17:20 ※ただし途中休止時間あり)が設置されている。夕方から朝までは無人となる。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 篠ノ井線 下り 篠ノ井長野方面
2・3 上り 松本塩尻方面

3番線は松本方面で、朝6時の当駅始発などの一部が使用する。

利用状況[編集]

JR東日本によると、2018年度(平成30年度)の1日平均乗車人員は281人である[利用客数 1]

近年の推移は以下のとおりである。

乗車人員推移
年度 1日平均
乗車人員
出典
2000年(平成12年) 454 [利用客数 2]
2001年(平成13年) 445 [利用客数 3]
2002年(平成14年) 426 [利用客数 4]
2003年(平成15年) 398 [利用客数 5]
2004年(平成16年) 383 [利用客数 6]
2005年(平成17年) 358 [利用客数 7]
2006年(平成18年) 346 [利用客数 8]
2007年(平成19年) 338 [利用客数 9]
2008年(平成20年) 361 [利用客数 10]
2009年(平成21年) 347 [利用客数 11]
2010年(平成22年) 315 [利用客数 12]
2011年(平成23年) 300 [利用客数 13]
2012年(平成24年) 302 [利用客数 14]
2013年(平成25年) 302 [利用客数 15]
2014年(平成26年) 284 [利用客数 16]
2015年(平成27年) 311 [利用客数 17]
2016年(平成28年) 305 [利用客数 18]
2017年(平成29年) 286 [利用客数 19]
2018年(平成30年) 281 [利用客数 1]

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

麻績村営バス

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道(JR東日本)
篠ノ井線
快速(長野方面列車愛称なし)
明科駅 → (一部坂北駅) → 聖高原駅 → (一部稲荷山駅) → 篠ノ井駅
快速(松本方面列車愛称なし)
坂北駅 ← 聖高原駅 ← (一部冠着駅) ← 稲荷山駅
普通(「みすず」含む)
坂北駅 - 聖高原駅 - 冠着駅
特急が停車するものの、朝の下り快速1本は停車しない。

脚注[編集]

[ヘルプ]

記事本文[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k 信濃毎日新聞社出版部『長野県鉄道全駅 増補改訂版』信濃毎日新聞社、2011年7月24日、86頁。ISBN 9784784071647。
  2. ^ 東日本旅客鉄道株式会社 長野支社/聖高原駅より。

利用状況[編集]

  1. ^ a b 各駅の乗車人員(2018年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年7月11日閲覧。
  2. ^ 各駅の乗車人員(2000年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月27日閲覧。
  3. ^ 各駅の乗車人員(2001年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月27日閲覧。
  4. ^ 各駅の乗車人員(2002年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月27日閲覧。
  5. ^ 各駅の乗車人員(2003年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月27日閲覧。
  6. ^ 各駅の乗車人員(2004年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月27日閲覧。
  7. ^ 各駅の乗車人員(2005年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月27日閲覧。
  8. ^ 各駅の乗車人員(2006年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月27日閲覧。
  9. ^ 各駅の乗車人員(2007年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月27日閲覧。
  10. ^ 各駅の乗車人員(2008年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月27日閲覧。
  11. ^ 各駅の乗車人員(2009年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月27日閲覧。
  12. ^ 各駅の乗車人員(2010年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月27日閲覧。
  13. ^ 各駅の乗車人員(2011年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月27日閲覧。
  14. ^ 各駅の乗車人員(2012年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月27日閲覧。
  15. ^ 各駅の乗車人員(2013年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月27日閲覧。
  16. ^ 各駅の乗車人員(2014年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月27日閲覧。
  17. ^ 各駅の乗車人員(2015年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月27日閲覧。
  18. ^ 各駅の乗車人員(2016年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月27日閲覧。
  19. ^ 各駅の乗車人員(2017年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年3月27日閲覧。

関連項目[編集]