聞老遺事

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

聞老遺事(ぶんろういじ)は、文政5年(1822年)、盛岡藩士 梅内祐訓による南部家始祖から29代重信間の事跡、地方史料を集積した著書。

南部叢書』 第2冊(南部叢書刊行会 編、梅内祐訓 著、南部叢書刊行会 昭和3年(1928年))に収録。昭和45年(1970年)に復刻版出版。

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 南部叢書刊行会編 『南部叢書 第2冊』 歴史図書社、1970年