肉体の悪魔 (1971年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
肉体の悪魔
The Devils
監督 ケン・ラッセル
脚本 ケン・ラッセル
原作 オルダス・ハクスリー
製作 ロバート・H・ソロ
ケン・ラッセル
出演者 ヴァネッサ・レッドグレイヴ
オリヴァー・リード
音楽 ピーター・マクスウェル・デイヴィス
撮影 デヴィッド・ワトキン
配給 ワーナー・ブラザース
公開 イギリスの旗 1971年7月
日本の旗 1971年10月23日
製作国 イギリスの旗 イギリス
テンプレートを表示

肉体の悪魔』(にくたいのあくま、原題:The Devils、別題:『デビルズ』)は、ケン・ラッセル監督による1971年のイギリス映画

オルダス・ハクスリーの歴史研究書『ルーダンの悪魔』が原作となっており、17世紀のフランスで起きた「ルーダンの悪魔憑き事件」をモチーフとしている。

カトリックの尼僧が出てくる映画ジャンルであるナンスプロイテーション映画の先駆作のひとつと言われている[1]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 監督・脚本:ケン・ラッセル
  • 製作:ロバート・H・ソロ、ケン・ラッセル
  • 撮影:デヴィッド・ワトキン
  • 美術:ロバート・カートライト
  • 音楽:ピーター・マクスウェル・デイヴィス

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Hutchinson, Pamela (2018年7月20日). “Twisted sisters: why the film world loves nuns” (英語). The Guardian. ISSN 0261-3077. https://www.theguardian.com/film/2018/jul/20/twisted-sisters-why-the-film-world-loves-nuns 2019年3月26日閲覧。