肓兪穴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

肓兪穴(こうゆけつ)は、足の少陰腎経に属す16番目の経穴である。

部位[編集]

左右の臍の外5分に取穴する。

名前の由来[編集]

肓は体の中の隠れた部分、兪は経気が出入りする場所を意味する。

効能[編集]

胃酸過多、胃潰瘍、胃痙攣、呼吸器疾患、生理痛、精力減退に使われる。

その他[編集]

兪の字がついているが、兪穴ではない。

参考文献[編集]

関連項目[編集]