肘部管症候群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

肘部管症候群(ちゅうぶかんしょうこうぐん)とは、何らかの原因で肘部管内圧が上がり、中を走る尺骨神経が圧迫されて引き起こされる疾患群のこと。

症状[編集]

小指全体と薬指の小指側半分に麻痺が出る。原因が取り除かれると麻痺は消える。筋萎縮が見られることもある[1]

診断・検査[編集]

治療[編集]

鍼灸治療として小海穴に局所治療を行うことがある。

脚注[編集]

  1. ^ http://www.joa.or.jp/jp/public/sick/condition/cubital_tunnel_syndrome.html

関連項目[編集]