肝炎対策基本法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
肝炎対策基本法
日本国政府国章(準)
日本の法令
通称・略称 肝炎法
法令番号 平成21年12月4日法律第97号
効力 現行法
種類 医事法
主な内容 肝炎患者への支援と医療体制の整備
関連法令 薬害肝炎救済法医薬品医療機器等法
条文リンク e-Gov法令検索
テンプレートを表示

肝炎対策基本法(かんえんたいさくきほんほう)は、日本の法律。

概要[編集]

肝炎対策の基本理念を定めるとともに、国と地方公共団体の責務を明らかにした上で、肝炎の予防・早期発見・療養について肝炎対策を総合的に推進することを目的としており、肝炎患者や肝炎感染者への支援と医療体制の整備や経済的支援が規定されている。

構成[編集]

  • 第一章 総則
  • 第二章 肝炎対策基本指針
  • 第三章 基本的施策
    • 第一節 肝炎の予防及び早期発見の推進
    • 第二節 肝炎医療の均てん化の促進等
    • 第三節 研究の推進等
  • 第四章 肝炎対策推進協議会
  • 附則

関連項目[編集]