肥塚隆 (美術史学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

肥塚 隆(こえづか たかし、1941年8月21日 - )は、仏教美術史学者、大阪大学名誉教授。アジアの仏教美術を研究した。

姫路市生まれ。1964年京都大学文学部哲学科卒、73年同大学院博士課程宗教学満期退学。1974年大阪大学文学部助手、76年講師、79年助教授、89年教授。99年文学部長・文学研究科長[1]。2005年定年退官、名誉教授、大阪人間科学大学学長[2]

共編著[編集]

  • 『美術に見る釈尊の生涯』田枝幹宏写真 平凡社 1979
  • 『世界の聖域 6 ガンジスの聖地』中村元共著 講談社 1979
  • 『天竺への旅 第2集 仏像の源流をたずねて』編著 丸山勇撮影 学習研究社 1983
  • 『世界美術大全集 東洋編 第13-14巻 インド』宮治昭共責任編集 小学館 1999
  • 『世界美術大全集 東洋編 第12巻 東南アジア』責任編集 小学館 2001
  • 『芸術学フォーラム 4 東洋の美術』山岡泰造,曽布川寛共編 勁草書房 2006

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』2002年
  2. ^ researchmap