背徳の瞳〜Eyes of Venus〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
背徳の瞳〜Eyes of Venus〜
V2シングル
初出アルバム『TK BEST SELECTION IN EPIC DAYS
リリース
規格 8cm シングルCD
録音 1991年10月-12月
ジャンル ロックヘヴィメタル
時間
レーベル Epic/Sony
作詞・作曲 V2
ゴールドディスク
チャート最高順位
テンプレートを表示

背徳の瞳〜Eyes of Venus〜」(はいとくのひとみ〜アイズ・オブ・ヴィーナス〜)は、小室哲哉YOSHIKIが結成した期間限定ユニットであるV2が、1992年1月18日にリリースしたシングルである[1]

解説[編集]

V2として唯一リリースされたシングルで、オリコンチャート初登場2位を記録し(1位は大事MANブラザーズバンドの「それが大事[2])、47.7万枚を売り上げる。ジャケットにはV2ロケットが描かれている。エクスタシー音楽出版からバンドスコアも発売された。「背徳の瞳〜Eyes of Venus〜」は小室哲哉が2011年にリリースしたコンピレーション・アルバム『TK BEST SELECTION IN EPIC DAYS』にリマスターされたものが収録されているほか、小室哲哉の2012年のリミックス・アルバム『Digitalian is remixing』にピアノ・ソロ・バージョンが収録されている。

タイトルの「背徳の瞳」はYOSHIKIによって、「Virginity」は小室によって付けられた[3]。また、タイトルに全て「V」の文字を入れたいという小室の発案を受け、「Eyes of Venus」というサブタイトルもYOSHIKIが考えた[3]

当初はYOSHIKIのエクスタシーレコード所属のバンドから誰かボーカリストを起用する予定だったが企画倒れに終わり、仮唄のつもりで録音された小室のボーカルでそのままCDリリースとなった[4]

収録曲[編集]

全作詞・作曲・編曲: V2
# タイトル 作詞 作曲・編曲 時間
1. 「背徳の瞳〜Eyes of Venus〜」 V2 V2
2. 「Virginity」 V2 V2

制作[編集]

  1. 背徳の瞳〜Eyes of Venus〜
    YOSHIKIがXのツアー『Violence In Jealousy Tour 1991 〜夢の中にだけ生きて〜』の8月23日の東京ドーム公演を終えるまでの間に、小室がお互いの音楽性に共通すると感じたコードを使用したデモ・テープをピアノで制作し、東京ドーム公演を終えたYOSHIKIに手渡した[5]。これが「背徳の瞳〜Eyes of Venus〜」イントロとなった[5]。このテープを受けたYOSHIKIが、テープに収録されていた一部のフレーズを題材にドラムとピアノが入ったサビの部分を制作し、これを録音した2番目となるテープを9月中旬に小室の元へ返した[5]。「背徳の瞳〜Eyes of Venus〜」は、YOSHIKIが制作した2番目のテープが大本になっているという[5]。イントロは最終的に小室とYOSHIKIのピアノ二重奏となったが、3台分のピアノが重ねられている[3]。中性的な声で歌うことを意識したと語っている[5]
  2. Virginity
    「背徳の瞳〜Eyes of Venus〜」と同時期に開始され、同じ手法で制作が進められた[5]。少年的な声で歌うことを意識したと語っている[5]。レコーディングは10月24日にYOSHIKIがXのコンサートで倒れる中、最初に小室の歌入れが行われた[5]。YOSHIKIの回復後に今度は小室が倒れる中、YOSHIKIが先に小室によって制作された詞のモチーフ・展開の構成をヒントに書き上げた「Virginity」の英語によるナレーションのレコーディングを4-5時間かけて行い、[5][6]その後に小室が日本語詞を制作した[7]。「Virginity」のパーカッション・パートはYOSHIKIによって全ての譜面が書き起こされ[7]、YOSHIKIが小室の所有するシンクラヴィアのディスクに収録されていた2000余りの音色を全て聴いて、生音と対比させながら選んだ[5]。音色の打ち込みは今までは他のマニピュレーターと小室が共同で直接関わっていたが、本作で始めて全ての打ち込み作業を他人に委ね、小室は飽くまでも第三者として相談に乗った上で「1音ずつ打ち込むように」と指示していた[7][8]。「Virginity」のドラムは全て打ち込みを予定していたが、生音と対比する中で、生ドラムと打ち込みの混成となった[6]

脚注[編集]

  1. ^ 「背徳の瞳」リリース情報”. ORICON STYLE. 2013年5月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年7月23日閲覧。
  2. ^ 1992.1.27付オリコン 1位 それが大事 17万6790枚 2位 背徳の瞳 16万0930枚
  3. ^ a b c 『PATi-PATi』(1992年2月号)ソニー・マガジンズ
  4. ^ 市川哲史『私も「ヴィジュアル系」だった頃。』(竹書房、2006年)p. 93
  5. ^ a b c d e f g h i j 『WHAT's IN?』(1992年1月号)ソニー・マガジンズ
  6. ^ a b 羽積秀明『NUDE』(フールズメイト、1992年)pp. 200-201
  7. ^ a b c ダイヤモンド社刊『FM STATION』1992年1月20日号14Pより。
  8. ^ 角川書店刊 『告白は踊る』 小室哲哉著より。