胡ジョウ泰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
本来の表記は「胡礽泰」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
胡礽泰
No image available.svg
 
プロフィール
出生: 1875年光緒2年)
死去: 1940年民国29年)?
中華民国の旗 中華民国江蘇省宝山県
出身地: 清の旗 江蘇省太倉州宝山県
職業: 政治家
各種表記
繁体字 胡礽泰
簡体字 胡礽泰
拼音 Hú Réngtài
和名表記: こ じょうたい
発音転記: フー ロンタイ
ラテン字 Hu Jeng-t'ai
テンプレートを表示

胡 礽泰(こ じょうたい、繁体字胡礽泰簡体字胡礽泰ピン音:Hú Réngtài、ウェード式:Hu Jeng-t'ai)は、中華民国の政治家・外交官。伯平

事績[編集]

1898年、日本に留学し、1900年にはアメリカへ更に留学した[1]。帰国後は民政部郎中、資政院議員を歴任した。1914年民国3年)12月、駐日本長崎領事署理として来日し、翌年3月、正式に領事に昇進した[2]1917年(民国6年)7月、北京政府交通部航政司司長に就任し、1922年(民国11年)6月まで務めている[3]

1938年(民国27年)7月[4]、胡礽泰は中華民国維新政府司法行政部長に就任した[5]。しかし、胡は維新政府行政院長の梁鴻志と権力闘争を展開して敗退[1]1940年(民国29年)1月に下野へ追い込まれたという[6]。帰郷後、まもなく病没した[1]

[編集]

  1. ^ a b c 姚(2011)。
  2. ^ 徐主編(2007)、982頁。
  3. ^ 郭主編(1990)、84頁。
  4. ^ 徐(2007)によると、1938年3月。
  5. ^ 郭主編(1990)、1903頁。
  6. ^ 郭主編(1990)、1903頁。

参考文献[編集]

 CJZ1.png 中華民国維新政府
先代:
許修直
司法行政部長
1938年7月 - 1940年1月
次代:
朱履龢