胡家鳳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
胡家鳳
No image available.svg
プロフィール
出生: 1886年9月26日
光緒12年8月29日)
死去: 1962年民国51年)12月29日
 台湾台北市
出身地: 清の旗 江西省南昌府南昌県
職業: 政治家・実業家
各種表記
繁体字 胡家鳳
簡体字 胡家凤
拼音 Hú Jiāfèng
和名表記: こ かほう
発音転記: フー ジアフォン
ラテン字 Fu Chia-feng
テンプレートを表示

胡 家鳳(こ かほう、繁体字: 胡家鳳; 簡体字: 胡家凤; ピン音: Hú Jiāfèng; ウェード式: Fu Chia-feng)は、中華民国の政治家・実業家。秀松

事跡[編集]

1912年民国元年)、国立北京法政専門学校を卒業し、後に北京政府で教育部主事、視学を歴任した。1923年(民国12年)4月から翌年8月まで江西省教育庁庁長署理を務めている。その後、私立中国大学、私立華北大学、国立北平大学農学院、警官高等学校で教授を歴任した。また、塩務学校で教育長兼校長代理も務めている。1931年(民国20年)2月より青島市政府秘書長に任ぜられた。

日中戦争(抗日戦争)勃発後、胡家鳳は山東省政府委員兼秘書長に任ぜられ、省政府主席の沈鴻烈に随従した。まもなく胡は国民政府軍事委員会国防最高会議第1処処長に転じている。1940年(民国29年)10月、江西省政府委員に任ぜられ、翌年1月には同省政府秘書長に就任した。戦後は軍事委員会東北行轅秘書長、立法院立法委員を歴任している。1948年(民国37年)4月、王陵基の後任として江西省政府主席に起用されたが、翌年1月に早くも辞任し、5月には香港へ移った。

1950年(民国39年)秋に胡家鳳は台湾に移り、総統府国策顧問に任ぜられた。翌年春、裕台企業公司董事長となっている。

1962年(民国51年)12月29日、台北市にて病没。享年77(満76歳)。

参考文献[編集]

  • 徐友春主編『民国人物大辞典 増訂版』河北人民出版社、2007年。ISBN 978-7-202-03014-1。
  • 劉寿林ほか編『民国職官年表』中華書局、1995年。ISBN 7-101-01320-1。
 中華民国の旗 中華民国(国民政府)国民政府
先代:
王陵基
江西省政府主席
1948年4月 - 1949年1月
次代:
方天