胡淵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

胡 淵(こ えん、247年 - 301年)は、中国三国時代末期から西晋の軍人。・西晋に仕えた。世元雍州安定郡臨涇県の人。祖父は胡遵。父は胡烈。伯父は胡奮・胡広。叔父は胡岐。

鍾会の乱時には当時18歳であったが、軍を率いて鍾会を討ち取り父を救ったため、その勇名は遠近に轟いた。八王の乱では趙王司馬倫に従って、斉王司馬冏の軍と戦い何度か勝利を収めたが、形勢不利となったため成都司馬穎に降伏し、そこで殺害された。