能仲太司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
能仲 太司 Football pictogram.svg
名前
カタカナ ノナカ フトシ
ラテン文字 NONAKA Futoshi
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1978-11-07) 1978年11月7日(40歳)
出身地 新潟県
監督歴
チーム
2013-2015 アルビレックス新潟レディース
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

能仲 太司(のなか ふとし、1978年11月7日 - )は、新潟県出身のサッカー指導者。

来歴[編集]

1997年西新発田高校2000年アップルスポーツカレッジを卒業[1]

2002年より、JAPANサッカーカレッジのコーチや特別講師を務めた[1]。また、2007年からはサッカー日本女子代表のテクニカルスタッフも歴任し、2011 FIFA女子ワールドカップ優勝、2012年ロンドンオリンピック銀メダルなどの獲得に貢献した[1]

2013年アルビレックス新潟レディースの監督に就任した[1]2015年シーズン終了後に退任[2]

2016年アルビレックス新潟トップチームのコーチに就任[3]

指導歴[編集]

 ※年代別サッカー日本女子代表テクニカルスタッフも歴任

監督成績[編集]

年度 所属 クラブ リーグ戦 カップ戦
順位 勝点 試合 リーグ杯 皇后杯
2013 なでしこ 新潟L 8位 19 18 5 4 9 グループリーグ敗退 準優勝
2014 3位 47 28 14 5 9 - ベスト8
2015 なでしこ1部 4位 33 23 10 3 10 - 準優勝

脚注[編集]

関連項目[編集]