能勢勝右衛門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

能勢 勝右衛門(のせ かつえもん、寛永15年(1638年) - 元禄4年10月2日1691年11月21日))は、岡山藩士・知行800石。通称は少右衛門のち勝右衛門(但し、高柳利一は「勝右衛門」は役務上の呼称ではないかと指摘している)。は不明。

生涯[編集]

岡山藩公儀使・能勢少右衛門 の子として生まれる。

寛文12年(1672年)、小姓組頭を務める。

天和3年(1683年)閏5月、寺社奉行となる。

元禄4年8月病となり、日置猪右衛門家老)・池田兵庫番頭)に病気養生を申し渡され、京都で療養したものの薬石効無く10月2日京都にて没。

跡目は子の権之丞が600石で相続した。

その後の能勢家[編集]

その後の能勢本家は、権之丞が元禄13年(1700年)に35歳で若死し、叔父能勢助五郎の子藤十郎が権之丞の養子となり相続したが、以降の本家の当主は誰であったのか不明である。

一方で助五郎の家系は150石(幕末は300石)で存続し、助五郎以降は少大夫―栄作―勝右衛門―勝男と続いた。

関連項目[編集]