能島征二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

能島 征二(のうじま せいじ、1941年12月5日 - )は、東京都台東区浅草出身の彫刻家である。

1945年に母親の郷里である茨城県笠間市に疎開、中学時代には笠間焼粘土を用いて塑像を作り始める。彫刻家の小森邦夫に師事、高校在学中に県展に入選するなど早くから才能を発揮し、感性豊かで格調高い人体ブロンズ像を多く制作している。茨城県水戸市の公園等には、能島の作成した水戸黄門像や徳川慶喜像などがある。従弟に画家の能島和明がいる。

徳川斉昭公・七郎麻呂像(1999年):水戸市千波公園

略歴[編集]

  • 1962年、「女の首」で第5回新日展初入選。
  • 1964年茨城大学教育学部美術科卒業。
  • 1969年、「窮」で第1回改組日展特選受賞。
  • 1995年、茨城県美術展覧会会長となる。
  • 2000年、「悠久の時」で第32回改組日展文部大臣賞受賞。
  • 2005年、「慈愛-こもれび」で第61回日本芸術院賞受賞。社団法人日展理事となる。
  • 2006年、社団法人日本彫刻会常務理事及び委員長となる。日本芸術院会員となる。
  • 2007年、茨城県特別功績者表彰を受ける。
  • 2008年、水戸市文化栄誉賞を受賞

役職[編集]

  • 日本芸術院会員。
  • 社団法人日展常務理事
  • 社団法人日本彫刻会常務理事
  • 茨城県美術展覧会会長。