能登康之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

能登 康之(のと やすひろ)は、日本フィギュアスケート選手(アイスダンス、男子シングル)。パートナーは阿知波恵子。1970年、1971年全日本フィギュアスケート選手権優勝。1972年世界選手権代表。能登 康弘と表記する資料もある[1]北海道出身[1]

経歴[編集]

1969年阿知波恵子とカップルを組み、全日本ジュニア選手権で優勝[1]。また、同大会の男子シングルでも優勝[1]

1970年全日本選手権で優勝[2]1971年の全日本選手権で2連覇を果たし、1972年世界選手権に選出される[1]。初出場となった世界選手権では16位に終わる[3]

主な戦績[編集]

アイスダンス[編集]

大会/年 1969-70 1970-71 1971-72
世界選手権 16
全日本選手権 1 1
全日本ジュニア選手権 1

男子シングル[編集]

大会/年 1969-70
全日本ジュニア選手権 1


脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 朝日新聞』(神奈川版)1972年2月18日
  2. ^ 日本スケート連盟 フィギュア歴代記録 アイスダンス
  3. ^ THE SPORTS ORG