能登鹿島駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
能登鹿島駅
NOTO-KASHIMA-Station-20100306.jpg
能登鹿島駅
のとかしま
NOTO-KASHIMA
(能登さくら駅)
西岸 (4.3km)
(6.3km) 穴水
所在地 石川県鳳珠郡穴水町曽福
所属事業者 のと鉄道
所属路線 七尾線
キロ程 26.8km(七尾起点)
電報略号 トシ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
開業年月日 1932年昭和7年)8月27日
備考 無人駅
テンプレートを表示
桜の季節の駅構内

能登鹿島駅(のとかしまえき)は、石川県鳳珠郡穴水町曽福にある、のと鉄道七尾線である[1]

愛称は「能登さくら駅」[2]。ホーム沿いにはソメイヨシノが植えられており、春ののシーズンの際はホームが桜の花に包まれることから付けられている。1999年平成11年)の第一回中部の駅百選に選ばれた。

歴史[編集]

駅名の由来[編集]

所在地の鹿島と曽福、鹿島地区に鎮座している鹿島神社が由来。

駅は鹿島地区、曽福地区の住民の意向で両地区の境付近に設置されることとなったが、近隣に鹿島神社があり「鹿島」の知名度が高かったことから鹿島が駅名に採用された。この時既に鹿島駅が存在していたため、旧国名の「能登」を付加して能登鹿島駅とした。開業にあたり、駅名を鹿島にする代わりに場所を曽福側に設置して曽福地区の住民に配慮したと言う経緯がある。

駅構内[編集]

相対式ホーム2面2線を持ち列車交換が可能な地上駅である。上りホーム側に駅舎があり、下りホームへは穴水寄りの構内踏切で連絡している。終日無人駅であり、駅舎も待合室程度の機能のみで、自動券売機も設置されていない。

能登鹿島駅プラットホーム
ホーム 路線 方向 行先
駅舎側 七尾線 上り 七尾金沢方面
反対側 七尾線 下り 穴水行き

※案内上ののりば番号は設定されていない。

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

駅舎そば、国道249号沿いにある「能登鹿島」バス停より北鉄奥能登バス穴水駅方面行き、曽福行き(鹿島線)に乗換可能。

隣の駅[編集]

のと鉄道
七尾線
西岸駅能登鹿島駅穴水駅

その他[編集]

ドラマロケ地

2016年(平成28年)9月23日から11月11日までNHK総合ドラマ10枠にて放送されたテレビドラマ運命に、似た恋』のロケ地として使用された。

また、駅前広場には当ドラマ主演の原田知世斎藤工の手により記念植樹されたソメイヨシノの桜の木が植えられているが、2020年(令和2年)8月に実施された

駅の敷地内すべての桜の木を対象とした樹木医による診断と管理指導により、日陰で育生が上手くいっておらず、同年11月以降に日当たりの良いホーム側へ

移植される予定となった[5]。ドラマ放送終了後の現在も駅構内には当ドラマのポスターが掲示されている。

脚注[編集]

  1. ^ 宮本輝1987年の短編「駅」(『真夏の犬』文春文庫所収)にこの駅が出てくる。
  2. ^ “桜開花心待ち、ぼんぼり設置 穴水「さくら駅」”. 北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ(北國新聞). (2020年3月30日). https://www.hokurikushinkansen-navi.jp/pc/news/article.php?id=NEWS0000023627 2020年6月21日閲覧。 
  3. ^ 能登さくら駅:能登鹿島駅に駐車場 完成 - livedoor Blog(ブログ)”. blog.livedoor.jp. 2020年10月14日閲覧。
  4. ^ 森見登美彦の小説『恋文の技術』では主人公の守田が近くの研究所に勤めている設定で、この神社をその杜の様子から「おっぱい神社」と呼んでいる。
  5. ^ 能登さくら駅:樹木医による診断!! - livedoor Blog(ブログ)”. blog.livedoor.jp. 2020年10月14日閲覧。

関連項目[編集]