傍白

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

傍白(ぼうはく)は、演劇で作中人物が、相手役には聞こえないという約束事の上で、観客だけに知らせるかたちでしゃべる台詞。内心のつぶやきなどを表す。わきぜりふとも。

主に、作中人物が眼前にいる相手としゃべっているときに、その人物に関して心の中に抱えている反抗、後悔、憎悪、疑念、遺憾、悲嘆などを表現するときに使う。

関連項目[編集]

執筆の途中です この「傍白」は、舞台芸術に関連した書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正などして下さる協力者を求めています(Portal:舞台芸術)。