脇四計夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
脇 四計夫
わき しげお
生年月日 1941年5月9日(74歳)
出生地 三重県度会郡南伊勢町
出身校 三重短期大学
前職 司法書士
所属政党 日本共産党→)
無所属
称号 準学士(三重短期大学)

当選回数 1回
在任期間 2010年6月13日 - 2014年6月12日

Flag of Asahi Toyama.svg 富山県朝日町議会議員
当選回数 1回
在任期間 2002年 - 2010年
テンプレートを表示

脇 四計夫(わき しげお、1941年(昭和16年)5月9日 - )は日本政治家司法書士。元・富山県下新川郡朝日町長(1期)、朝日町議会議員(2期)。

来歴[編集]

三重県度会郡南伊勢町出身[1]三重短期大学法経学科夜間学部を卒業後、法務局職員として名古屋市で勤務。富山地方法務局魚津支局長などを歴任。退職後は司法書士として暮らす[2]

1998年(平成10年)、朝日町長選挙に無所属で出馬するも落選。

2002年(平成14年)、朝日町議会議員選挙に日本共産党公認で出馬し初当選。

2006年(平成18年)、2期目の当選。

2010年(平成22年)5月17日実施の町長選に、日本共産党などでつくる「朝日町を明るくする会」に推され2度目の出馬をした。町長給与3割カットや学童保育の実施などを掲げ、7選を目指した現職の魚津龍一(自民公明国民新推薦)を1,170票差で破り当選した。選挙戦では出馬表明が告示の約1ヶ月前[3]と出遅れたものの、現職の多選・ワンマン批判が町民の支持を受け当選につながった。

なお、脇は日本共産党員で、同党員の首長は全国で9人目である。富山県内では初めてである。

2014年(平成26年)5月25日実施の町長選に出馬するも落選[4]

脚注[編集]

  1. ^ 町長に共産党員の脇氏 富山・朝日産経新聞』(2010年5月17日8時26分配信)
  2. ^ 時事ドットコム:トップインタビュー 脇四計夫・富山県朝日町長
  3. ^ 「朝日町長に新人脇氏 現職魚津氏に1170票差」『北日本新聞』(2010年5月17日付1面)
  4. ^ 朝日町長選挙(2014年5月25日投票)候補者一覧|政治・選挙プラットフォーム【政治山】

関連項目[編集]

先代:
魚津龍一
Flag of Asahi Toyama.svg 富山県朝日町
2010年 - 2014年
次代:
笹原靖直