脊振山分屯基地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

座標: 北緯33度25分32秒 東経130度22分38秒 / 北緯33.42556度 東経130.37722度 / 33.42556; 130.37722 背振山分屯基地(せふりやまぶんとんきち、JASDF Sefurisan Sub Base)とは、佐賀県神埼市に所在し、第43警戒群が配置されている航空自衛隊春日基地の分屯基地である。脊振山山頂部にある。

脊振山分屯基地の遠景(脊振山山頂より)

分屯基地司令は、第43警戒群司令が兼務。

第二次世界大戦後、日本に進駐した米軍が、朝鮮半島に面する脊振山の好立地を生かし、レーダーおよび通信設備を設置したのがはじまり[1][2]

配置部隊[編集]

西部航空方面隊隷下[編集]

沿革[編集]

  • 2016年3月31日 - 基地内の6カ所に分散する在日米軍「脊振山通信施設」約1.36haが国に返還されたため、用地を基地に組み込む[3]

関連画像[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Mobile Military Radar web site, Units 610-679”. 2018年5月26日閲覧。
  2. ^ 1947年 (昭和22年) 4月の状況を確認できる。既に完成し稼働しているか、準備が完了している状況が読み取れる。 国土地理院 航空・空中写真 http://mapps.gsi.go.jp/maplibSearch.do?specificationId=30463 整理番号     USA コース番号     M266 写真番号     37 撮影年月日     1947/04/16(昭22) 撮影地域     脊振山
  3. ^ 在日米軍背振山の用地返還へ 通信施設、3月末に - 毎日新聞2016年3月3日

関連項目[編集]