脊柱検査

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

脊柱検査(せきちゅうけんさ)とは、乳幼児学校健康診断において、脊柱の疾病および異常の有無を検診し、疾患予防・早期発見に役立てるものである。各学校等によって検査名が多少異なる場合がある。

乳幼児に対しては、乳幼児健康診査母子保健法施行規則[1]により行うことが定められている項目のうち、

  • 第2条3及び同条2項3 脊柱及び胸郭の疾病及び異常の有無

学校では学校保健安全法児童福祉施設入所者も児童福祉施設の設備及び運営に関する基準第12条[2]により学校保健安全法に準じて行われている)により、健康診断を学校保健安全法施行規則[3]により行うことが定められている項目のうち、

  • 第1節就学時の健康診断 第3条2 脊柱の疾病及び異常の有無は、形態等について検査し、側わん症等に注意する。
  • 第2節児童生徒等の健康診断 第6条3 脊柱及び胸郭の疾病及び異常の有無(第6条4項により大学は検査を省略することができる)

が該当する。小学校4年生から中学校3年生までの間が特に注意が必要とされ[4]撮影による検診(モアレ検査・モアレ撮影)と視診・触診による検診があり、健康診断では前者・後者の両方もしくはどちらか片方が行われている。

検診の方法[編集]

各学校では例として次のように行われる。

撮影による検診(モアレ検査・モアレ撮影)の方法[編集]

モアレ式体型観察装置(モアレトポグラフィやモアレルックなど)を用いて撮影が行われ、例として撮影前は次の手順で行われる(撮影後は逆の手順)。待機場所の部屋と撮影場所の部屋は直接行き来が出来る様になっており、待機場所と撮影場所が同一部屋の場合はカーテン衝立などで場所を区切っている。また、モアレ式体型観察装置を搭載した検診車の車内で撮影が行われる場合もある。[5][6][7][8][9][10][11][12][13]

  1. 予め、下記Aの姿になっておく。
  2. 下記Aの姿で待機場所に入り、下記Bの姿になる。
  3. 下記Bの姿で1人ずつ撮影場所に入り、裸足[14]で撮影板に向かって撮影台上の所定の位置に立つ。
  4. 下記Cの姿で「気をつけ」の体勢となり、後方からから上部の背面部分が撮影される。
  • 撮影時間は1人あたり1分程度。
  • プライベートゾーンを露出するため苦痛になりやすが、自然な状況を求めるため、力を抜き、楽にする必要がある。
  • 撮影場所の外から撮影をすることがある。
撮影による検診の姿
ボトムス(男女共通) トップス(男子) トップス(女子) その他(男女共通)
A 撮影直前まで 体操着短パンハーフパンツショートパンツなど)[15]パンツ(下着)各1枚のみ着衣の姿[14]
  • 体操着の短パン[15]を着用せずに代わりに体操着のトレーニングパンツを着用して撮影が可能な場合はトレーニングパンツの裾を2・3回捲り上げておく[14]
体操着のトレーニングシャツまたは体操シャツどちらか1枚のみ着用の姿または着衣無し()。 体操着のトレーニングシャツまたは体操シャツどちらか1枚のみ着用の姿。
  • ニプレスなどが必要であれば着用しておく(着用して受診できない場合もある)。
ポケットに物が入っている場合は全て取り出す[14]
靴下は脱いでおく[14]
の長い人は髪で首より下の背面が隠れないようにまとめておく[16]
B 直ぐにCの姿になれるように、体操着の短パン[15]またはトレーニングパンツに腰が付いている場合は下にずれない範囲内で紐を緩めておく。
  • 体操着のトレーニングパンツを着用して撮影が出来ない場合や体操着以外の衣装を着用している場合はパンツ一丁になる場合がある[14]
着衣無し(裸)[16] 着衣無し(裸・トップレス[16]。このままだとニプレスなどを着用している者を除いて露になった乳房[17]を他人に見せてしまうため、何れかの方法で乳房を隠す。
  • (可能な場合)乳房)の間に脱衣した被服タオルなどを挟む。
  • (可能な場合)タオルを羽織ったり上半身に巻く。
  • (上記何れも不可能な場合)手ブラ・腕ブラをする。
C 撮影直前・撮影中 着衣が尾骨が見えるようにの上部が露出するまで下げた状態[16]陰部周辺も露になっている[18]場合がある)。 ニプレスなどを着用している者を除いて着衣無し(裸・トップレス)で羽織ったり上半身に巻いていたタオルを外し[16]、「気をつけ」の体勢になるため乳房が完全に露になる[17]

視診・触診による検診の方法[編集]

モアレ式体型観察装置を使用しない方法で、例として次の様に行われる。[4]

男子 右記以外の女子[19] 背中が全露出か殆ど露出しているブラジャー[19]を着用している女子
検診時の姿 上半身裸(トップレス)。検診時の体勢上、ニプレスなどを着用している者を除いて乳房が完全に露になる[17] 上半身ブラジャー1枚のみ着衣の姿。
  • 脊柱検査時以外でも、学校で上半身が上記何れかの姿になる機会(心電図検査時・着替え時・集団入浴時など)を利用して先生などが観察(検査)を行い、家庭でも同様の姿(着替え時・親子入浴時など)になる機会を利用してが観察を行うことが理想的とされている。
  • ボトムスの姿は学校制服・衣料を着用、学校制服・衣料以外を着用、パンツ(下着)のみ着用(ブラジャーをしていない場合はパンツ一丁)など学校や状況(脊柱検査時・脊柱検査時以外)などにより異なる。
検査内容 前屈検査 両方ののひらを合わせ、の力を抜いて、両を自然に前に垂らし、を伸ばしたまま、ゆっくりお辞儀をし、肩、背中、の順に左右の高さに差があるかないか視診・触診する。
  • 検者は椅子に腰をかけて、検者の正面あるいは背面に位置し、被検者の背面を見通すようにしながら検診する。
  • 左右の高低差が7-8mm以上または左右の背面傾斜角が5°以上だと側湾症の疑いが強くなる。
立体検査 後ろ向きに「気をつけ」の姿勢でまっすぐ立ち次の3項目を視診・触診する。
  • 左右の線部分の曲がり方(輪郭)に不均衡があるかないか。
  • 左右両肩の高さに差があるかないか。
  • 左右両肩甲骨の高さや突出の仕方に差があるかないか。

脚注[編集]

  1. ^ 母子保健法施行規則
  2. ^ 児童福祉施設の設備及び運営に関する基準
  3. ^ 学校保健安全法施行規則
  4. ^ a b 日本側弯症学会編 『知っておきたい脊柱側弯症』 (第1版)、東京都: インテルナ出版、2003年12月25日。ISBN 978-4-900637-15-3。 
  5. ^ 千葉市立花園小学校保健室 (2012年5月2日). “ほけんだより (PDF)”. 千葉市教育センター. 2017年7月23日閲覧。
  6. ^ 真野小学校保健室. “保健だより : モアレ検査号 六年生のみなさんへ (PDF)”. 大津市教育情報通信ネットワーク(OIE-NET). 2015年12月25日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。
  7. ^ 高鷲南中学校保健室. “ほけんだより : 1年生用 (PDF)”. 羽曳野市. 2015年12月26日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。
  8. ^ 貝塚市立中央小学校保健室. “ほけんだより : 11月 (PDF)”. 貝塚市教育委員会. 2017年7月23日閲覧。
  9. ^ 公益財団法人愛媛県総合保健協会. “学校健診に関するお願い(平成26年度版) (PDF)”. 公益財団法人愛媛県総合保健協会. 2017年7月23日閲覧。
  10. ^ よぼういがく協会. “脊柱側弯検診 (PDF)”. 公益財団法人岩手県予防医学協会. p. 1. 2018年8月11日閲覧。
  11. ^ 公益財団法人岩手県予防医学協会. “脊柱側弯検診の手引き : 脊柱側弯症を早期に発見するための検診です (PDF)”. 公益財団法人岩手県予防医学協会. 2017年7月23日閲覧。
  12. ^ 辰市小学校保健室 (2016年1月19日). “おひさま ほけんだより《臨時:5年生用》 (PDF)”. 奈良市教育委員会. 2017年7月23日閲覧。
  13. ^ 和泉市立和泉中学校保健室 (2015年9月30日). “保健だより : 健康診断号 (PDF)”. 和泉市. 2017年7月23日閲覧。
  14. ^ a b c d e f を見て両足で均等に立っていることを確認するため。
  15. ^ a b c 女子は体操着でブルマーが廃止されるまでは短パンでは無くブルマーの場合もあった。
  16. ^ a b c d e 首から尻上部の背面部分に髪・着衣部分があると正常に撮影ができない。
  17. ^ a b c 女子の乳房はプライベートゾーンで、女子で露になる乳房のタナー段階は検診時の成長段階によってI-Vの何れか
  18. ^ 男女とも陰部はプライベートゾーン
  19. ^ a b 思春期以降の女子でも乳房の成長開始から初経の1年以上前を中心にノーブラの者が多い。ワコール探検隊|「少女」から「おとな」へ約4年間で変化する成長期のバストブラジャー着乗率はstep1(思春期初来から初経の1年以上前)で31%、step2(初経前後)で56%、step3(初経の1年以上後から成人型乳房になるまで)で90%