脱出 (1944年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
脱出
To Have and Have Not
Bogart and Bacall To Have and Have Not.jpg
監督 ハワード・ホークス
脚本 ジュールス・ファースマン英語版
ウィリアム・フォークナー
クリーヴ・F・アダムズ[1]
ホイットマン・チャンバーズ[1]
原作 アーネスト・ヘミングウェイ
持つと持たぬと英語版
製作 ハワード・ホークス[1]
製作総指揮 ジャック・L・ワーナー英語版
出演者 ハンフリー・ボガート
ローレン・バコール
音楽 フランツ・ワックスマン[1]
撮影 シド・ヒコックス英語版
編集 クリスチャン・ナイビー英語版
製作会社 ワーナー・ブラザース
配給 アメリカ合衆国の旗 ワーナー・ブラザース
日本の旗 セントラル
公開 アメリカ合衆国の旗 1944年10月11日
日本の旗 1947年11月11日
上映時間 100分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $1,684,000[2]
配給収入 $3,652,000(北米)
$1,605,000(海外)[2]
テンプレートを表示

脱出』(だっしゅつ、To Have and Have Not)は、1944年アメリカ合衆国冒険映画。監督はハワード・ホークス、出演はハンフリー・ボガートローレン・バコールなど。アーネスト・ヘミングウェイ1937年の小説『持つと持たぬと英語版』を映画化した作品で、第二次世界大戦下のフランスの島を舞台に、あるフランス人夫妻の脱出を助けることになった米国人男性を描いている[3]

同原作の映画化作品には他に『破局英語版』(1950年)と『裏切りの密輸船英語版』(1958年)がある。

ストーリー[編集]

ナチス・ドイツのフランス侵攻フランスが敗北した直後の1940年夏、ヴィシー政権下にあるフランス領マルティニーク島(西インド諸島の一島)のフォール=ド=フランスで、アメリカ人のハリー・モーガンは釣り船船長として気ままに暮らしていた。

そんなある日、ハリーが住んでいるホテルの主人フレンチーから反政府活動家の密航に協力するよう頼まれる。政治問題に関わりたくないハリーは依頼を断るが、政府の手先の非道な仕打ちに憤り、フレンチーらの依頼を受けることにする。

ハリーが約束の場所まで船でたどり着くと、そこには活動家のポール・ビュルサックとその妻のエレーヌが待っていた。2人を乗せて船を出すと、しばらくして警備艇と出くわし、銃撃戦となる。ハリーが警備艇の照明灯を撃ち、何とか逃れることは出来たが、ポールが右肩を撃たれてしまう。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替(1968年12月15日『日曜洋画劇場』)

エピソード[編集]

  • ヘミングウェイにホークスが、文学に対する映画の優位性を説いていて、「君の作品で最も駄作と思われる小説を原作にしても傑作映画にしてみせる」と挑発した。そうして出来上がったのが本作である[要出典]
  • ローレン・バコールのデビュー作である。バコール演じるスリムはホークス的女性像の典型と言われる[4]
  • 後に夫婦となったハンフリー・ボガートローレン・バコールの出会いのきっかけとなった作品である[3]。なお、2人はこの映画が公開された翌年1945年に結婚した。

出典[編集]

  1. ^ a b c d クレジットなし。To Have and Have Not (1944) - Full Cast & Crew” (英語). IMDb. 2012年4月27日閲覧。
  2. ^ a b Warner Bros financial information in The William Shaefer Ledger. See Appendix 1, Historical Journal of Film, Radio and Television, (1995) 15:sup1, 1-31 p 25 DOI: 10.1080/01439689508604551
  3. ^ a b 脱出”. WOWOW. 2020年10月20日閲覧。
  4. ^ King, Susan (2003年8月13日). “Not just pretty faces” (英語). Los Angeles Times. ISSN 0458-3035. http://articles.latimes.com/2003/aug/13/entertainment/et-king13 2019年1月3日閲覧。 

関連項目[編集]

フランス人たちのなかのアメリカ人を描いたところや、ヒロインのレイチェルのハスキーボイスとファム・ファタールぶり、アル中が出てくるところ、酒場でピアノを弾き語る男が出てくるところ、そしてヘミングウェーなど、『脱出』を意識した要素が濃い。[要出典]